お見舞い



先週、癌で寝たきりになってしまった叔母さんのお見舞いに行ってきた。

病院に入院していられる期間が過ぎて、新しく病院に入れるまで

福島市内の娘の家で、叔父さんがこちらから行って、娘たち家族共々看護をしている。


体が不自由になってしまったが、頭ははっきりしているので

「せっかく来てくれたのに、お茶も出せないで…」と泣かれてしまった。

「いやいや、そんなことはいいんだ。後で饅頭でもごちそうになっから」と父が、叔母さんの手を握る。


叔父さんも疲れている様子で

後で、お茶を飲みながら「トイレが大変なんだよな…」と話す。

娘(従妹)も、3月で仕事を辞めて看護に専念する様子。

無理をして、体を壊さないようにと叔父さんを心配しながら帰ってきた。




e0170863_09591164.jpg


50代・60代は、

縁を見守ったり、行く人を見守ったり

微妙な年ごろ。


春は、もう少し。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-27 00:05 | 日記 | Comments(0)

卒業…旅立ち。


こみ上げる寂しさに問いかけたのは

足早に過ぎた時の流れ


…いやいや、自分が卒業する訳じゃないですから。



三男坊が、今日卒業しました。

そして明日、東京へと旅立ち。


地元、会津の大学だったので

大学に行くのに旅立った時は、それほど感じなかったけれど

う~ん、ちょっと寂しい。

当人は結構、気にしてないんだよね。

もともと、一人暮らししてたし。





e0170863_22542616.jpg


まあ……

頑張れ。

[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-21 23:01 | 節目 | Comments(0)

春なのに…


忙しい。忙しい。忙しい…

先週(ん、先々週?)で山を登り切って、安心して結婚式に行ったはずなのに、

週が明けたら、また大きな山があった。

それも、さらに大きい……


と言うわけで、仕事一筋に生きていました。

週の中頃に、雪の朝を迎えたのに、はしゃぐことなく

会社への道を急いでいました。

カメラ小僧失格。

こんな時こそ、1時間早く起きてカメラを抱えて走りまわるべきだったかと、後悔。


明日(20日)の春分の日は出勤。

なので、本日墓参りに行ってきた。

何か春らしいものはないかと、カメラを抱えて行くも

梅はまだ固いつぼみで、何も春らしいものは見つからず

ビニールハウスにうつる影が、ちょっと春の日差しぽかったかなと。






e0170863_20330412.jpg







春なのに、残業ですか

春なのに、涙がこぼれます

春なのに…

春なのに…



もう少し、仕事頑張りましゅ。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-19 20:45 | ひとりごと | Comments(0)

2017年3月11日、結婚式。


今日、いとこの娘の結婚式があった。

高校時代からの、山あり谷ありの10年越しの恋を実らせ

今日、晴れてお披露目の宴となった。

「おめでとう」





e0170863_23410331.jpg



最近の結婚式は、色々とサプライズや企画を考えていて結構楽しめました。

「料理が、洋風なのは口に合わない」とぼやく声が聞えてきましたけどね。

いつも冗談ばっかり言っている、いとこも

最後は、娘を嫁にやる父親の顔になって、ちょっと感動的でした。

良い結婚式でした。




そして、そう3月11日は震災のあった日。

もう、6年が経つんですね。

福島では、まだクリアできない問題が残っていますが…


思うのは、

”過去を嘆いても仕方ない。明日の事を考えていこう” という事。

震災で亡くなった人の分まで、残された人は前向きに生きていかなければならないと思うのです。


…と、自分の生きざまを顧みるのがこの3月11日。

でも、それができなくて毎年思っています。

『ちゃんと生きよう』、と。





e0170863_23230786.jpg



青い空へ…

[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-11 23:45 | 想い | Comments(0)

『みよしロール』!




e0170863_21362460.jpg




ヨメサンが、「みよしロール」を買ってきて、ドヤ顔で披露。

「みよしロール、知ってる?」的なことを言うので

「何年か前に、買ってきてやったじゃん」

「あら、そうだっけ」



数年前に、買ってきてやったことをすっかり忘れている。

それも2度も。

次男が帰ってきた時も食べたのに。…うう、次男も忘れてる。


FM福島の三好アナと柏屋がコラボして作った、この時期だけのロールケーキです。

フルーツの酸味がさっぱりして、甘過ぎなくていくらでも食べれますよ。


これも、2月25日の出来事さ。(他にネタはないのかい?)





そうそう、例の2級婦人子供服製造の試験の結果が発表されました。

21人受けたうちの、8人合格。

その内の、男性は一人だけ合格。(もちろん私じゃないですけどね)

正直、ホッとしています。

落ちたのが、二人とか三人とかじゃカッコ悪いもんね。

もちろん、一人だけじゃ最悪ですけど。

「合格点は60点なので大丈夫、みんな受かるから」なんて担当の人は言ってたけど

そんな簡単なもんじゃない、ってことがハッキリ分かりましたね。

もっともっと経験を積まないとダメって事ですね。

そういう意味からいうと、今回受かった8人は素晴らしい。偉い!


ちなみに学科は受かってましたけどね。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-10 22:19 | グルメ・・か? | Comments(0)

『酪王カフェオレアイス』!


『酪王カフェオレ』が好きだ。

強力に甘くて、コーヒー感と牛乳感がしっかりある。

地元福島の酪王乳業のコーヒー牛乳である。

この甘さは、ローカル受けする美味しさかと思っていたら

以前、お笑いのサンドウィッチマンが、テレビ番組で美味しいコーヒー牛乳のNo.1に挙げていた。

まあ、宮城出身のサンドウィッチマンも十分ローカルだが、

それでも、意外に知名度はあると感激した。



半年くらい前に、『酪王カフェオレアイス』の噂を聞いた。

何やら人気があって、めったに手に入らないらしい。

あえて探そうとは思わないが、一度は食べてみたいものだと思っていた。

それが、何気に近くのスーパーに寄ったら

「今、大人気の酪王カフェオレアイス入荷しました!」

店員さんが、冷凍所品売り場で連呼ししていました。

「こ…これは買うしかない」と思って売り場に行ったら

酪王カフェオレアイスが20個ほど山積みになって置いてあり

値段が、一個…

一個…


一個…、税込み300円!

マジっすか!?

ハーゲンダッツより高いんじゃないですか!?


うう……


見なかったことにして、通り過ぎました。


それでも、店内で買い物をしていると

アナウンスが、煽ること煽ること!

確かに、このスーパーでこのアイスを見たのは初めてだし

いや、そもそもこの『酪王カフェオレアイス』自体を見たのも初めてだ

これを買って帰れば自慢できるかもかもしれない。

何個買うか……う~ん、とりあえず一個。


この日は、2月24日。

そう、結納の前日。

おそらく、明日の夕食時は長男・次男はいないから三男と、こっそり食べよう。

…と思っていたら、25日は思わぬ展開の長男・次男(と彼女)も揃った、8人夕食。

どうしよう、8人いるのに一個しかない。

こんなことならケチらないで、8個……いや、せめて3個は買ってくればよかった。

え~い、ままよ。食べたい人に食べてもらおう。

大体食べ終えて、頃合いを見計らって

「酪王カフェオレアイス、食べたい人!」

「え?なになに?酪王カフェオレアイスってなに?」

と、ヨメサンがツッコんできてくれるので、ひとしきり説明したあと

「じゃあ、みんなで食べようよ」という事になり

一個のアイスを、長男からワタクシ・三男・ヨメサン・彼女・次男・おじいちゃん・おばあちゃんと回して

みんなで食べたとさ。メデタシ、メデタシ。





e0170863_00342677.jpg


え?味は…?

濃厚な甘さとコーヒー感、牛乳感がしっかりあっておいしかったよ。

でも、300円はやっぱり高いかなあ。



[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-08 00:46 | グルメ・・か? | Comments(0)

佳き日に③


さて、

2月25日に結納とワタクシの誕生会とイベントが続いた夜には

次男と彼女が、録画してあったアニメを観てから郡山に帰っていき、

次の日の昼過ぎには、長男と三男がそれぞれ帰っていきました。

ヨメサンは仕事で、おじいちゃんは疲れたのか昼前まで休んでいました。

緊張する行事が終わったのと

最大8人での食事が、次の日には元の人数に戻ったギャップで、ちょっと放心状態。


思えば、ヨメサンの実家の岩手にも、子供が小さい頃は

正月明けと、5月の連休と、お盆前後の年3回は行っていて

それもヨメサンの弟二人も、姉の結婚を待っていたように続けて結婚して

同じような年ごろの子供を連れて帰っていたので、賑やかでしたねえ。

そんな賑やかさも、子供たちが帰った後は静かになって、

岩手のおじいちゃん・おばあちゃんも、寂しさを感じていたのかなあ…と、ふと思いましたよ。


長男は東京で二人で生活を始め(結婚式はまだですが)

次男は、郡山で暮らし、三男もこの春から東京での就職となり

この家が、子供たちにとっての”岩手の実家”的な存在になるのかなあ…と思ったりしますが。

まあ、それはそれで”有り”かと思います。





e0170863_23283924.jpg



まだ、福寿草しか見つけられない。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-05 23:34 | 節目 | Comments(0)

佳き日に②


さて、

年末から続く数々のイベントが終わって、すっかり緩みきっています。

先日、ヨメサンから結納の写真のプリントを催促され、やっとプリントしたところです。


まあでも、初めての方と一席をもうけるのは面白いもので

彼女には、双子の弟妹(二卵性で似てない)がいて

妹は行動派、大学の卒業旅行はドバイに行くらしい。

弟は、城マニア。日本全国の城情報を把握してる。


…と、まあ緊張したり、楽しんだりの3時間半を過ごしたわけですが

今までのパターンだと、この後長男は彼女と行動を共にしていたのですが

家に帰って、家族と過ごすと言い。

ならば次男も、家で食事を共にすると。

ついでに彼女を呼んじゃえば、という事になり。

予想外の、賑やかな夕食になったのでありました。

昨年暮れに、次男の彼女が来て夕食を共にしたのですが

その時は、長男がいなかったので、7人の夕食。

今回は、家族全員+1人の8人の夕食となり、あらまあ賑やかな事。


そしてこの日は2月25日なのですが、

実は2月27日は、ワタクシの誕生日。

今までは、ほとんど忘れられていたのですが、思い出してくれたみたいで

軽くロールケーキありの、誕生会も兼ねるという事になりました。

盛り上がった話の中で、ウチの家族はみんな音痴だという話になり

「お父さんはどうなの?」聞かれ

(そう、割と仕事人間で家族でカラオケとか行ったりしたことないからね)

「お父さんは、徳永英明と誕生日が一緒なんだぞ。上手いに決まってんじゃん」

一同「おお~!」(ややウケ・笑)

そう徳永英明とは、20代最後の夜を一緒に過ごした仲なのです。

(…って、コンサートに行っただけですけどね)


そんなこんなで、賑やかな夜は更け行く。





e0170863_22171134.jpg




え?南の方では梅が咲いたって!?

こちは、まだ福寿草くらいさ。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-04 22:27 | 節目 | Comments(2)