『小さいおうち』を観た。読んだ。

3月になりました。暖かくなってきました。


ちょうど今、『小さいおうち』をテレビでやっている。

以前DVDで観たが、本当にテンポが良くて、きりっと光る良い映画だと思った。

黒木華演じる女中さんの、奥さん(松たか子)に対する感情は、切ないものでした。


実はその後に『小さいおうち』(中島京子著)の本も読みました。

話しの流れに、若干のズレがあるものの、原作もきちっとした良い作品でした。

女中さんの思い出話から始まるのですが、

文章がどこかぎこちないかな、と思っていたら、

女中さんの死んだ後の最終章の文章が、ガラッと変わって、

前半は、わざとそういう文体で書いていたのだと気づかされます。

そして最後の手紙の一件。

映画を先に観ていたので、内容は分かっているのだけれど、ハラハラ・ドキドキしました。

一級の、謎解きのサスペンスです。

それにしても、映画を観た時は絵描きさんを好きだったのだと思っていたのだが

実は、奥さんを好きだったのだね。いや、何だか微妙な感じなのだけど・・・。


日本アカデミー賞で、最優秀助演女優賞を黒木華さんが頂きましたね。おめでとうございます。

でも待てよ、あれって女中さんがドラマの主役じゃなかったのかい。と、ふと思った。

う~ん、でも、女中さんだから助演女優で良いのか・・・!
[PR]

by yagisan123 | 2015-03-01 22:11 | | Comments(0)