佳き日に


2月25日。2月にしては穏やかな日差しの暖かな日。

11時から、郡山市内の割烹で長男の結納が行われる。

その長男、前日は仕事が遅くなり、東京から新幹線で郡山に午後11時着。

こちらに来る最終電車がないので、車で迎えに行って12時に自宅着。

朝はノンビリ(?)起きて、

次男の車に、ワタクシとじいちゃん・ばあちゃん。

ヨメサンの車に長男と三男が分乗して、出発。

10分前に会場到着。

と、ほぼ同時刻に新婦側の家族到着。

お店の前で、両家族挨拶をかわす。

お店に入って、桜湯で一服。間もなく新郎側からリハーサル開始。

席順、式の流れ、お返し物のいただき方、挨拶の言葉、固めの盃…。

セリフは、お返し物の目録を確認して「幾久しくお受けいたします」。

何ら難しい事はない…はず。

引き続き、新婦側がリハーサルをして、定刻に式の開始。


両家席についてから、互いの父母が起立。

BGMには「ライオンハート」が、和楽器バージョンで流れている。

結納の品の目録が、新婦の父母の前に並べられている時に

新婦の母親の涙をこらえる声が…

結納の品の目録を確認した父親の挨拶の声がかすれている。

(うわ~、何かやばい)

そして結納の品のお返しの目録がこちらの席に並べられ

目録を確認して、一言。

「…く久しく、お受けいたします」

声がかすれて、最初の音が出ない!!




e0170863_23060910.jpg



まあ、そんなやっぱり緊張した結納の儀でした。




目録の水引がとてもきれいでした。

”結(ゆい)”と関係あるのでしょうかねえ。




e0170863_23060451.jpg




祝宴の乾杯の挨拶は、勢いで何とかきり抜け

車の運転でお酒が飲めないという、新婦のお父さんを

なんとかお母さんに運転してもらうように頼んで、少しだけ飲みました。





e0170863_23173850.jpg


まあ、そんなこんなの緊張した1日でした。



[PR]

by yagisan123 | 2017-02-26 23:29 | 節目 | Comments(2)

Commented by purebliss at 2017-02-27 11:53
なにはともあれ 無事 役目を終えられ
良かったですね^^

でも おかしくって笑いっぱなしでした(´∀`*)ウフフ
お父さん 頑張って〜〜って(笑)

思っているより 緊張もされて お疲れになったでしょう
これで 次男さん三男さんの時は バッチリですね(笑)
そっか、お嫁ちゃんのお母さんは ウルっとされるのね
私、ウルっとなるか そっちが心配です^^;

結婚式も楽しみですね(*^_^*)
Commented by yagisan123 at 2017-02-27 23:00
>pureさん
なにはともあれ、”ホッ”ですね。
思ってたより、緊張してました。

式の後、新婦のお母さんは、新婦の妹に
「あそこで泣く~?」とさんざんいじられてましたよ(笑)