カテゴリ:ドラマ( 48 )

「ひよっこ」!


相変わらず、忙しい日々を過ごしている。

明日の土曜日、休日出勤の予定だったが、会社の電気工事のため休日出勤がなしに!

週明けの地獄が予想されるが、まあ良いや。

休みを謳歌しようと休日の天気予報を見たが、あいにくの曇り、または雨の予報。

う~ん、うまくいかない。




撮りだめした、朝ドラ「ひよっこ」の録画を見る。

有村架純の元気溌剌な感じ、良いねえ。おでこも良いねえ。茨城弁訛ってるねえ。

朝ドラの王道を行ってるねえ。

久々の、青春ものの予感。

昭和と平成が合体したような、桑田佳祐のオープニング曲も最高。

第三話での、なつばっぱ登場はじぇじぇじぇ!!

「あまちゃん」「まれ」以来、久々に、朝ドラにハマりそうです。




缶チューハイ、1本で酔ってます。

さて、明日はどうしよう。(畑作業もまだです)





e0170863_23311565.jpg


唯一咲いていた、庭のクロッカス。

今週は、どんな花が咲くかな。


[PR]

by yagisan123 | 2017-04-07 23:40 | ドラマ | Comments(0)

『カルテット』がおもしろい!


ウチのヨメサン、仕事が遅かったりするので

観たいテレビドラマは全て、録画予約を入れている。

今クールも5本くらい録画予約が入っているが

録画を見た形跡もなく、かといって削除をしてるわけでもない。

去年、観ている形跡のないドラマを削除したら

「観るの楽しみにしていたのに」と怒られた。(マジかよ~)

なので、今クールは消さないことにした。

面白そうなドラマもなさそうなので、録画したドラマを観るでもなくいた、ある日。

何気に、『カルテット』の第六話を観てしまった(録画じゃなく)。

クドカンが登場して、松たか子との夫婦のストーリーが綴られる。

「深い!面白い!すごい!!」

なんでこんな、面白いドラマを観なかったんだろう。

録画は、残っているのでゆっくり楽しもう。

今日、第七話が始まるので、その前に一話から楽しもうと録画一覧を観たら……



何故だ…

何故なんだ……

他の録画は、手つかずで残っているのに

確かにあったはずの『カルテット』だけ、見事に消えている……




…という事で

観たいドラマは、録画に頼らず観ましょう!

というお話でした…(涙)




e0170863_23251146.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2017-02-28 23:30 | ドラマ | Comments(0)

続『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

仕事もピークを過ぎて、何となくのんびり気分の土曜日。

天気が良いので、どこか出かければいいものを

のんびりと、以前撮ったドラマの鑑賞三昧。


やっぱり『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』はいいね。

第二話は、主人公・練の少年時代から…。

まさしく、猪苗代湖・磐梯山をバックに始まる。

少年の練、おじいさん(田中泯)の大根畑の収穫を手伝う。

山を見ながら、おじいさんは言う。

「おめえは親がいねえ、だがら土さわって生ぎろ。
 よく寝て、よく食べて、よく働くんだ。
 山がおめえ守ってくれんべ。おめはここで生ぎるんだ。
 さすけねえ。さすけねえべ。」

夢から覚めた大人の練(高良健吾)。ほほに涙のあと。
(ちなみに、”さすけねえ”は方言で”大丈夫”とかの意味)


一方のヒロインの音(有村架純)は、こんな独白で。

「駅から徒歩20分6畳1K、私は私の部屋を手に入れた。
 東京は外にいるより、部屋のほうが寒い気がする。
 便座が冷たいのは全国共通。
 東京のコンビニには駐車場がない。
 電車に乗って学校にかよう小学生がいる。
 横型の信号機。
 迷路のような地下鉄。
 人身事故で電車が5分遅れると、舌打ちする人。
 …東京に来て一年。
 あの人とはまだ会えていない。」
 

都会のコンビニやファミレスに駐車場がなくてびっくり。

電車に乗って通学する小学生・中学生がいるんだよね。

縦型の信号機は雪国独特なものだと思う。



一話の出会い(観てないが)から、一年過ぎて再び東京で巡り合う二人。

この出会いも感動的。


高良健吾が演じる練。いいヤツだ。

優しくて不器用で真っ直ぐ。

都会で生きていくには、ちょっと辛いタイプ。

音に再会して、ちょっとしたデートみたいな体験。

「東京に来て、こんな楽しいことはなかった…」

つぶやく練。

でも練には、成り行きで付き合っている彼女が…。


そうなんだよね。福島県人って人が良い。

あまり自己主張しないで、相手優先に行動したりする。

練はいいヤツだなあ…。

でも、たった一つだけ福島県人らしからぬところがある。

それは、ちゃんと好きな相手に「好き」って言えること。

うん。そこも良いぞ。


福島県人は、この練のように

優しくて、思いやりがあって、真っ直ぐで、不器用なヤツだと

勘違いしてもらうと幸いである(笑)



e0170863_18443942.jpg

(去年4月の磐梯山。会津の桜の開花は4月下旬です)
[PR]

by yagisan123 | 2016-03-26 18:44 | ドラマ | Comments(0)

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

ふう…。

またやっちまった、って感じで

ウィンドウズ10にバージョンアップしたら、

パソコンの画面のアイコンが、買った時にあったものしかない状態になってしまって、他何もない…。

頭が真っ白になった数日間でした。

友人に、データーを見つけ出してもらい、少しづつ復旧している日々です。


この3連休は、車検があって、カミさんの車のタイヤがパンクしたり、飲みに行ったり

畑仕事したり、映画観たり、そうそう墓参りしたり、親戚の家に行ったりと以外に忙しい日々でした。


さてさて、映画のことを書こうと思っていたのだけれど

何だか、思ったほど良くなかったので(期待値が大きすぎたか)、テレビドラマの話を…。


『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』

”月9”のドラマです。

『大切なことはいつも君が教えてくれた』の、あの長いタイトルを思い出してついつい

2話から見はじめました。

いやあ、びっくりしたね。

何だか見たことのある山が出てきたと思ったら、磐梯山じゃありませんか!

そして、反対側の湖は当然猪苗代湖。

ありゃりゃ、高良健吾がいい感じになまってくれます。


でも、それよりもまるで昭和の純な恋の物語がつづられていって、

こんな年配のおじさんはハマってしまったけど、

若い者…都会の若い者には受けねえだろうなと心配したほど。

おそらく視聴率は取れなかっただろうね。

これは、木曜日の夜9~10時台の番組だよね。

これを”月9”に持ってきたフジテレビは偉いと思う。


そして最終回は、良い感じに終わってくれて良かった。




e0170863_21273894.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2016-03-21 22:46 | ドラマ | Comments(0)

『まれ』!

さあ、かけ出そうよ今すぐに

未来が遠くても

一人ぼっちのままで、泣く夜が続いても

本当の私へ


風が強く冷たいほど、教えてくれる

出合うべき人の事を

どうか希望の地図を、そっと開いてみてね

あたたかい未来たちが、僕らをまっているよ



NHKの朝ドラの新シリーズ、『まれ』始まりましたね。

正直言って、「最高」っす!

朝ドラの王道、直球ど真ん中!って感じです。

元気の出るオープニング曲。ハツラツとしたヒロイン。

親近感のわく方言。じいちゃん、ばあちゃんの登場。喧嘩はするけど基本仲の良い親子。

おせっかいな近所の人達。親友・・・etc

(これに戦争をはさんだりしますが、私は結構です)

ああ、水戸黄門の印籠のように安心して観ていられる。

『てっぱん』の瀧本美織を彷彿させるヒロイン。そして『あまちゃん』レベルのユーモア。

年配の人にウケるかは分かりませんが、私は最後まで見続ける予感がします。

それにしてもヒロインのこの娘、絶対気が強そうだよな。




[PR]

by yagisan123 | 2015-04-11 21:31 | ドラマ | Comments(0)

夏は『ウォーターボーイズ2』

今クールのテレビドラマ・・・

『若者たち』・『家族狩り』も良いけど

『ウォータボーイズ2』(再)が面白い。

本家の『ウォーターボーイズ』と違って、優しげな登場人物たち。

だけど、がむしゃらに前へ前へと突き進んでいく。

その純粋さと、前向きさが楽しい。

市原隼人、小池鉄平らのホンワカした男性軍と

そして・・・

石原さとみが・・・

カワイイ・・・。



e0170863_22414752.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2014-08-22 22:27 | ドラマ | Comments(0)

『なぞの転校生』

50歳前後の方なら、覚えているのではないだろうか?

40年くらい前に、NHKで夕方に少年・少女向けのドラマシリーズをやっていたのを。

そうそう、『なぞの転校生』。

「懐かしいよな、おいっ」と飲み会の時、同級生に言ったら。

「ああ、あの理科室でラベンダーの匂い嗅いで・・・」

って、それは『時をかける少女』だよ。

まあ、そのシリーズだけど。


木曜日の深夜(時間的には金曜日)に、その『なぞの転校生』(新しいもの)をやっている。

何故こんな深夜に?・・と思ってしまうほど、クオリティが高い。

今クール、一押しの番組である。


どうも別の次元から来た、人達(転校生と仲間たち)らしい。

核戦争があって、滅びようとしている世界から逃げてきた人達らしい。

次回、その辺のところが明らかになる様な感じだけど・・。


初回から、何と言うか・・”甘酸っぱい”。

あの、多感な時期のもろさや、キラキラした感じなんかが、全体に流れていて

主人公たちは、高校生なんだけど

岩田くん(中村蒼)と、みどりちゃん(桜井美南)の微妙な幼馴染カップルに

転校生の彼(実は人間じゃないらしい)が絡んでくるのが、もどかしい。

いやいや、もちろんバリバリのSFですよ。


登場する別の次元の人達は、口々に花や空や自然のの美しさを褒めたたえる。

何倍も科学のレベルが進んだ人たちが・・・

そして、滅びようとしている人たちが。


昔見た『なぞの転校生』では、ラストに転校生が叫ぶシーンがあった。

それは、自然破壊に対する警告だったのか、核戦争に対する警告だったのか、

もうじき、分かると思う。


忘れかけていた何かを思い出させる、そんなドラマだよ。



e0170863_21591145.jpg





[PR]

by yagisan123 | 2014-06-11 22:02 | ドラマ | Comments(0)

『Mother』を観ている

『Woman』のあの子が、『Mother』の愛菜ちゃんに憧れて子役になったと言っていた。

『Mother』って・・・?

そう言えば、そんな暗いドラマ少し前にやっていたような・・。

というわけで、最近あまり面白いドラマもないのでDVDを借りてきました。

いやあ素晴らしいドラマだ。

教え子の、虐待されている子供をさらってしまうところから始まるストーリーもさることながら

一つ一つのセリフもうまい。

言葉と裏腹な感情。言葉の裏側にある想い。

それと一話の終わりに、次も観たくなるような・・・観なきゃしょうがないような展開。

テレビドラマとして、すごく上手い。

なのに、内容がとっても深い。

田中裕子をはじめとする役者も上手い・・・というより演技に見えなくなってくる。

愛菜ちゃん、ちっちぇえ。そして可愛い。



実は、『明日ママ』も観ている。(録画で)

愛菜ちゃんの”ポスト”のあだ名も、元をたどればここから来ているのかと思う。

母娘の関係も、このドラマに影響されていると思う。

でもまだ若いなあ(ドラマの作りが粗い)。文句を言いながら観ています。

子役たちが一生懸命芝居をしています(あくまで芝居)。

今日は最終回。芝居でなく本気をみせてくれるのか、愛菜ちゃん。

(今日は『僕のいた時間』を観るけどね。)


e0170863_2155231.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2014-03-12 21:55 | ドラマ | Comments(0)

『僕のいた時間』

三浦春馬が好きだ。

でも、難病物は苦手だ。

だから初回からは観ていない。

裏番組の「明日・・」が、刺激が強すぎて

やっぱりこっちかな、と。


“ 私は人口呼吸器を付けない。

 人工呼吸器を付けずに、死んでいくわけではない。

 人工呼吸器を付けないという生き方を、私は選んだんだ。”


拓人(三浦春馬)のALSの友人の言葉。   



良いドラマだと思う。

だけど切ない・・・。

だけど、温かい・・・。



e0170863_22322619.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2014-03-06 22:33 | ドラマ | Comments(0)

月9




『東京バンドワゴン』、『海の上の診療所』が面白い。

大家族もの・・・。

『海の上~』も大家族みたいなもんだ。



時々、ふつ~に生きてる人が、何だかスゴイと思う。

時々、普通に生きることが、分からなくなる。



卵のプリンを食べた。

昨日、『鉄腕ダッシュ』で観た、あの卵のプリンを、頂きもので食べた。

あの・・・外は卵なんだけど、中身はプリンになってるヤツ。

卵の殻をむくのがめんどくさい。

後で知ったが、どうやら卵を2つに割って、スプーンですくって食べるらしい。

うん、まあウマいけど、

そんなに騒ぐほどのものでもないな、と。 (ん?誰もさわいじゃいないか?)


まあ、そんなユルい日々を送っています。
[PR]

by yagisan123 | 2013-12-02 22:11 | ドラマ | Comments(0)