カテゴリ:歌( 32 )

伝説のコンサート

ビートルズが来日してから、50年が経つらしい。

50年前……

5歳の頃だから、何の記憶もない。

と言うか、全く違う世界。

BSの特番で見たけど、演奏は数十分だったらしい。

それも歓声でほとんど歌が聞こえなかったらしい。

ん…?歓声で歌がほとんど聞こえなかったコンサート…。



そう、それは30数年前のオフコースのコンサート!

多分、正式に発表したわけじゃなかったと思うが、鈴木のやっさんがオフコースを抜けるというのが、決定した事実として噂になっていた。

我々にとって、鈴木康弘が抜ける=オフコース解散だった。

『愛を止めないで』以来のファンだったから、ファンになってまだ数年だった。

『秋の気配』『YES-NO』『さよなら』『I LOVE YOU』・・・。

数え上げればきりがない。

『OVER』に入っていた『言葉にできない』は大嫌いな曲だった。どう聞いても別れの曲だ。

さてさて、そんなオフコースファンの俺を友人が、

オフコース最後であろうコンサートに誘ってくれた。

チケット取るのに苦労したろうね。

郡山市の体育館。席はもちろん後ろの後ろ。

でもそんなことはどうでも良い。一緒の空間にいれるだけで。

当日、誰かが集合時間に遅れて(4人で車に乗り合わせ)、かなりギリギリのタイミング。

で、渋滞があったりして、駐車場から会場に向かう途中で開演時間に…

と、突然歓声とともに『愛の中へ』のイントロが体育館から流れてきた。

おおおお~!!

まぎれもなく、今、目の前の会場にオフコースがいる!小田さんがいる!

走って会場に入ると、全員で総立ち状態。

後のことはよく覚えていない。

ただ、黄色い歓声の遥か向こうから聞こえる演奏に合わせて歌っていた自分がいた。

『I LOVE YOU』だけは、歌声が聞こえたけどね。

9月になったら結婚するんだろうな~と思いつつ。

一緒に行った四人の中の、ホントに音楽の好きなKさんは、

「こんなコンサート、二度と来ない」と言ってましたが

まあ、二度目はないだろうなと心の中で思っていました。

そんなあの頃の青春の1ページ。





[PR]

by yagisan123 | 2016-06-23 23:19 | | Comments(0)

榎本有夏に会いに行く、のだ!

金曜日の夕方、携帯にCメールが届いた。

”三女、有夏が福島県で歌を歌います。
 3月27日(日)福島県相馬市中村… 『報徳庵』”

ん?何だ。誰だ?いたずらメールか?間違いか?

登録していない電話番号からだった。

誰だ、歌手に知り合いはいないはず。

夕方、仕事中だったのでそのまま忘れた。

夜、家に帰ってくつろいで、寝る前にふと知り合いに歌手がいたのを思い出した。

昨年、京都に行った帰りに名古屋によって、昔の短大の同級生にあった。

その一人の榎本さんが、娘が歌手になって東京で頑張っていると言っていた。

電話番号を交換して…ああ、榎本さんからは名刺を貰ったまま電話番号を登録しないでいた。

でも、相馬は遠いな…やめとこうかな…。”ごめんね、行けません”の返信を返した。

で、次の日(土曜日)の夜、ちょっと気になってYou tube で検索したら。

おおっ!

少し声が揺れるけど、良いんじゃない!

…と言うことで、本日(日曜日)急きょ出発!

相馬までおよそ2時間の行程。

途中で、お菓子とか買って開演時間11予定の5分前に『報徳庵』に到着。

まあまあ、そんなに大きくない食堂にお客さんが十数人ほど。

その内数人がスタッフらしい。

You tube では顔が分からなかったので、とりあえず始まるのを待つ。

と、「Yさんですか?」と女の子が声をかけてくれた。

眼鏡をかけた普通の女の子。

榎本(母)から連絡が行ってたらしい。

どうやら歌うのは4人いて、その中の何番目かに歌うらしい。


1番初めは男性、Life-Likeさん(普通に日本人です)。

うっ…、うまい!

押し付けがましくなく、張りのある声に、一発目からガツンとやられました。

2番目は福岡出身の女の子、星川真紀さん。

この子もうまい。ピアノの弾き語りで歌う『淡雪』という歌は、

雪の降る情景が目に浮かぶようでした。

そして3番目は彼女。榎本有夏。



e0170863_2018436.jpg




最初は熊野をテーマにした数え歌(彼女は三重出身)。

そして、『僕たちの物語』『じゃあね』と独特の世界観のある歌を綴っていく。

この普通の女の子が…すごいなあ。自分の世界観をもっている。

歌手になるという目的を持って、東京で暮らしているのだ。

音楽だけじゃ食えないから、バイトしながらね。

4番目の yukari rojaさんが、ノリのいい歌で会場を盛り上げてくれる。

最後は4人で『卒業写真』を。



e0170863_2019875.jpg




そして最後の最後にリクエストの『真っ赤な太陽』を歌ってくれたサービスぶり。


きっと彼女(と彼)達は、復興応援のために相馬市に来てくれたんだと思う。

本当に、素晴らしい歌をありがとう!



e0170863_20194996.jpg



もっと全国区で売れるようになったら、周りに自慢するんだと皆と一緒に写真撮らせてもらったからね。

ぜひぜひ、皆さん全国区になってください。応援してます。


最後に、榎本有夏『僕たちの物語』


[PR]

by yagisan123 | 2016-03-27 20:29 | | Comments(4)

卒業ソング 『桜』合唱バージョン。

昨日のNHKの『SONGS 卒業の歌スペシャル』で

森山直太朗、アンジェラ・アキ、松任谷由美が出ていた。

卒業ソング・・・良いっすねえ。キュンとします。

森山直太朗は、大ヒットする直前に郡山駅前のCDショップで

インストアライブみたいなのやったのを見に行きました。ホントにすぐ近くで聞きました。

次回同じ場所に来たときは、人がいっぱいで入れませんでしたけどね。

昨日の番組は、CDの合唱バージョンでコーラスした高校生の合唱部の後輩達が

一緒に歌ってくれたものでした。







原発の避難者の辛いところは、

故郷を離れざるを得なくなったのに、故郷の家々がそこに存在している事なんじゃないのかな。

いっそ無くなってしまえば、あきらめもつくし、再建しようとも思えるんじゃないのかな。

たとえ、故郷の家々が無くなってしまっても、そこにあったコミュニティが再建できれば、

まだ救いがあるんじゃないだろうか。

仮設住宅に住んでるとかが問題じゃなくて、全ての悲しみはそこにあると思う。

だから、どうだとか何も言えないけれど・・・。


二本松駅前に、”なみえ焼きそば”のおいしい店があります。

機会があったら紹介します。ホントにうまいっす!!



11日夜は、テレビで震災の津波の映像が流れていました。

改めて・・・ちゃんと生きよう。そう思った。
[PR]

by yagisan123 | 2015-03-15 22:52 | | Comments(0)

『想い』永井龍雲~~~自画像を描いてみた。

最近、永井龍雲の歌をラジオで耳にする。

いわきのライブハウスにやってくるので、そのCMなのだが

以前だと、BGMが『標ない旅』だったのだが、今回は『想い』に変わっている。

そうなのだ、多分あまり知名度はないのだろうけど

いい曲は、いっぱいあるのだ。

二十数年前に戻って、聴いてみよう。








さてさて、18歳の時から2年間お世話になった名古屋の短大からお知らせが来ていて

卒業生一同の自画像を集めて展示しようという面白い企画があった。

描こう描こうと思いながら、今日まで来たが、さすがにもう締切間近なので、エイッと描いてみた。

やっぱり人物は難しい。

風景なら、多少バランスが悪くても、そういうものだと思ってもらえればそれまでだけど、

人物だと、左右の目の大きさが違うとか、輪郭がゆがんでいるとか誰が見てもわかってしまう。

まあでも、誰も今の自分を知らない名古屋の地で展示されるのだから、まあ良いか!・・・と。


自画像なんてホントに、二十数年ぶり。

学生の頃、自画像の課題があって、それこそ永井龍雲のシングル曲

『標ない旅』とB面の『素面酒』をテープに取ってエンドレスで聞きながら、描いていました。

う~ん、そんな時代もあったんだよね。


では、漫画っぽくなってしまった自画像を、小さくして公開。・・・ん、後悔。
[PR]

by yagisan123 | 2015-02-22 19:11 | | Comments(0)

残念!!!福山雅治☆冬の大感謝祭 in仙台

【1月17日午前10時より一般販売の受け付け開始】

17日朝8時40分、チケット販売の日時を再度確認した後、

時間があったのでゲオの在庫一掃処分閉店セールに向かう。

9時開店なので5分前に行けばいいかなんて思ってたのが間違い。

店の駐車場は勿論、脇道に入る道路まで車があふれている。

やっとこ店に入ったら、カゴを持った客でいっぱい。

目ぼしいものはすでになく、ゆずや小田和正のCDを見つけてレジに並ぼうとしたら、長蛇の列。

やばい、すでに9時半。CDを子供アニメのCDの陰に隠して店を出る。

家に戻って、パソコンに向かい画面に出していた発注用のフォームに暗証番号を入れようとすると

【時間が経過しすぎて使えません。最初からやり直してください・・・】

やり直そうとすると

【込み合っていますので、もう一回やり直してください】

や・・・やべえ、もう9時50分。

あせっているせいか、チケット販売の窓口にたどり着けない。

【込み合っていますので、もう一回やり直してください】を何度かクリアして

やっと暗証番号・パスワード記入。

時計を見ると9時58分・・・

ああ、この時計合っていないんだった。

多分、30秒くらい遅れている。(携帯の時計も微妙にズレている)

そうそう、時報・・・時報・・・

え~と、104。

「こちらは104です・・・」

ああ違った!

ええと、何番だ???

完全にパニクッっている。

と、地元の10時を告げるサイレンが鳴る。

え?10時のサイレンて何秒か早いんじゃなかったっけ??

数秒ためらった後、送信ボタンをクリック!!

すぐに回答が。

【受け付けは終了したか、込み合っているために届いていないか・・・】

ああ~~~

画面を戻して再度クリック・・・画面を戻して再度クリック・・・画面を戻して・・・



福山雅治、冬の感謝祭ツアー。宮城は全国ツアーの最後となります。

宮城セキスイハイムスーパーアリーナにて、2月11・12・14・15日の4日間。

調べたら収容人員が7051人とありました。補助席的な席もあったから7200人もありか。

とすると全部で28,800人が行けるわけで・・・。う~ん、やっぱ狭き門か・・・。

昨日の共通一次の受験者が、55万人とあったけど、多分そんな多くの人が殺到したのかな?



ここ数年の福山ファンなのでよく知らないのだけれど、

東北って、ツアーではあまり来たことがないんじゃないだろうか。

それを、あえてツアーの最後を東北に持ってくるっていうのは

やっぱり、福山雅治の東北に対する強い意志を感じますね。

震災後、福島には『風とロック』というイベントに猪苗代の方にサプライズで・・・。

そしてシークレットライブで、たしか宮城の白石だったかの中学校に、来てくれたよね。


うん、待ってればまた東北に来てくれるような気がする。

きっとまた来てほしい・・・って、まだ仙台のコンサートやってないのに。

次回は、ちゃんと用意周到に準備するぞ。時報は・・・117番だっけ??

チケットを手に入れて、会場に行って大きな声で叫ぶんだ!



「ましゃーーー!!!!」

[PR]

by yagisan123 | 2015-01-19 21:40 | | Comments(0)

BENI

ざわちんが、まさかハーフだったとは思いもよらなかったが、

やっぱり、マスクしていた方が可愛く見えるね。

May.Jしかりで、最近はハーフの活躍が普通になってきたね。

でも、最近は横文字の名前の人が多いから、誰が日本人かハーフか分からない。

そうそう、AI はハーフだね。

ナオト・インティライミは、日本人・・・かな?

最近ハマっているのは、BENI。

沖縄出身の歌手。本名 安良城 紅 。ハーフです。

彼女の、英語カバーの曲がすばらしい。

(そういえば、Mey.Jのアナ雪、英語バージョンも良かったね。)




[PR]

by yagisan123 | 2014-09-14 23:09 | | Comments(0)

夢のコラボ(あんべ光俊&鈴木康弘)

飲みに誘われれば、飲みにも行くし

コンサートがあれば、出来れば行きたい。

この前の日曜日、懐かしい面々のコンサートがありました。

こちら船引町は、中途半端な被災地の為、あまり復興事業の恩恵にあずかることはないのだが、

復興支援事業の一環として、懐かしい面々のコンサートが”無料”でありました。

あんべ光俊・・・ああ、分かるかなあ、分かんねえだろうな若いもんは。

鈴木康弘・・・そう、あのオフコースの鈴木康弘。

いやあ、たまんないねえ。

そして、『天地人』として活躍している大間ジロー、そうオフコースのドラマー。

どんなライブになるのか心配してました。

自分より年配の方が結構多くて。

一番手の、岩手の松本哲也君が、良い感じで盛り上げてくれまして

二番手の、あんべさんも、自分で勝手にとっつきにくいようなイメージを持っていたけど

こう言っちゃなんだけど、気さくで楽しい方でした。

んでもって、三番手に鈴木のやっさんが出てきて

ステージそでの、あんべさんを呼び出して一緒に歌ってくれちゃいました

「一億の夜を越えて」

作詞、あんべ光俊。作曲、鈴木康弘。

あのオフコースの盛り上がり曲を。

あの頃から、ン十年も過ぎたとは言え、夢のコラボ!!

ああ~、生きてて良かった!






やっさんも、良い感じに歳取ってましたよ。(65歳だそうです)
[PR]

by yagisan123 | 2013-11-21 22:09 | | Comments(0)

『風が吹いている』いきものがかり


台風北上中。

これから仙台に向かう。

よりによって、この日にこの天気。

”いきものがかり”に会いに。

無事、行って帰ってこれのか。

まあまあ、無理せず危険を感じたら戻ってこよう。

では。




[PR]

by yagisan123 | 2013-09-16 10:31 | | Comments(0)

夏休みが終わった。

夏休みが終わってしまった。
何もしてない。
何もしてない・・・。

いや、息子たちが帰ってきた夏があった。
福島(市)の叔父さんとこに行った。
あっ、菅谷にもうどにも行った。
中学の同級生と飲んだ。
聖光学院が二回戦で負けた。
墓参りに行った。
「風立ちぬ」を長男と観た。
暑かった。
片平里菜のインストアライブに行った。
灯篭流しがあった。
花火を、かなり近くで観た。

鈴虫が鳴きはじめた。



[PR]

by yagisan123 | 2013-08-20 23:02 | | Comments(0)

片平里菜

昨日、郡山駅前で
彼女のライブを観た。
可愛い・・・かった。
いや、歌がマジで良かった。
密かに・・・応援しよう!

伝説の始まりの予感。



[PR]

by yagisan123 | 2013-08-12 23:10 | | Comments(0)