中国雑記②

日曜日は、地元の秋祭りだったけれど家にこもって一仕事。
そういえば、3年前の秋祭りの日には中国にいて、友人と泰山に登っていたなあと、ふと思い出した。

結構、知名度はある泰山。
標高は、多分千二百メートルくらいだったような気がする。
そんなに高い山ではない。
なぜ有名かというと、神様の数が多い。
分かり易くいうと、頂上付近にお寺がいっぱいある(と、いう事で良かったのかな?)。



泰山入り口にはこんなモニュメントがあった。


e0170863_22441575.jpg




何だか、それっぽいよね。


e0170863_22463100.jpg



e0170863_2247391.jpg




書道の山でもあるらしい。


e0170863_22482646.jpg




頂上。
この鍵の意味は・・・・・・何だっけ?


e0170863_22502963.jpg




正面から上ると、こんな急な石段。
ここを降りてきました。


e0170863_22521987.jpg



e0170863_22531169.jpg



まあ、そんなこともあったねぇ。
[PR]

by yagisan123 | 2013-10-29 22:56 | 中国 | Comments(0)

中国雑記

今週は、ホントに忙しかった。
まさに必死という感じで仕事をしていた。
品質に、若干の不安もあるが、まあ・・・。


さて、本を三冊並行して読んでいる。
どれも面白いが、決め手がないまま気分で並行して読んでいる。
今朝読んでいたのは、『砂の海』(椎名誠著)。
中国シルクロード、タクラマカン砂漠・楼蘭への冒険記。(1998年発行)
もちろん個人の冒険ではない。
テレビ朝日、朝日新聞他、医師、学者、通訳、車両、炊事隊など総勢百人以上の人数の大移動となる。
まあまあ移動の風景もさることながら、
中国ってやっぱりアバウトだよなあ、と読みながら改めて思った。
今、真ん中くらいまで読んでいるんだけど、北京に入る直前に
『楼蘭に入るのは許可するが、撮影は一切許可しない』と、一方的に通達されたらしい。
撮影出来なきゃ、テレビ局の行ってる意味ねえじゃん。

それから、『トイレの話』は凄い。
実に、凄い。コワイって言い方が正しいかもしれない。
3年前に、仕事で中国に行ってた時の事を思い出した。
中国のトイレに個室の仕切りが無い事は話に聞いていたが、
実際には会社のトイレは勿論、デパートや食堂のトイレで仕切りのないトイレにお目にかかった事は無かった。
流石に、公衆トイレは入らない方が良いと言われたが、意外とそうでもなかった。
が、ある日大きな家具屋さん(三階建て)に行った時にトイレに行きたくなり、
建物の隅の方の階段を上ったところにあるトイレに駆け込んだら、
壁際にこちらを向いて、踏ん張っている男性と目が合い、あわてて出てきた記憶がある。
仕切りのないトイレは、やっぱり無理だ。



そうそう、中国の思い出といえば、
道端に何気にラクダが繋がれていたのは、本当にびっくりした。


e0170863_21533485.jpg


どっかの金持ちが、ペットで飼っていたものらしい。
食べるとおいしいと言っていた。



こんな風景も中国的だったかもね。


e0170863_21533781.jpg


実は公園に、最近建てられたまがいもの。
中国らしい・・・。
[PR]

by yagisan123 | 2013-10-26 21:59 | 中国 | Comments(0)

みかん

”是非行きたい”さん、コメントありがとうございます。
万里の長城もおもしろそうですよ。


さて、さて、ようやく確定したようなので報告します。
11月27に日本に帰ります。
いやあぁぁぁぁぁぁ~~~、長かったぁぁぁ~~。
あまりに長かったので、うれしさ半分、寂しさ半分の複雑な心境になって
何だか知らないけど、イライラしています。
こちらの人間になってきてるんでしょうかねえ。
あれほど不味いと思ってた会社の食堂の料理も、
普通にうまいと思ってしまっている今日この頃です。
日本に、馴染めるのでしょうか。

日曜日、仕事だったので今日床屋に行ってきました。
泰山に行ったA君と一緒に行ってきました。
坊主頭がやっと伸びてきて、少しボサボサしてきたので
横をちょっとチョキチョキして整えてもらおうかと思って、
A君に通訳してもらって席に着いたんですけどね。
バリカンを妙に丁寧にかけているなと思って見たら…
また、坊主頭に逆戻り。
…うう、さむいよ~~~。

e0170863_2216582.jpg

スパーに売っていたミカン。
ちっちぇ~~。
キンカンとかじゃないですよ。
これが、甘くてうまい。

では。
[PR]

by yagisan123 | 2010-11-24 22:26 | 中国 | Comments(4)

泰山極頂④

そして、さらに登っていくと


e0170863_213919100.jpg


おお~、いつか何処かで見たことのあるような文字の刻まれた岩。
そうか、ここの景色だったのかと改めて認識。
正直オイラは、それほど感動しなかったんだけど、一緒に行ったA君、超感動して写真取りまくり。
何だか感化されて、感動してきました。さすが中国人、”違いの分かる男”だね。

で、ずんずん登って行くと、やたらとお寺がある。

e0170863_21472143.jpg


e0170863_21474642.jpg


とりあえず、お賽銭をちょっとだけ入れて、中国式のお参りをすると
傍にいた坊さん、線香を上げないかと言っているらしい。
幾らだと聞くと、「100元」!
げげ~、標高も高いけど、線香も高い!

そう、神様が多くいる泰山。
日本人の感覚だと、もっと観念的なものかと思っていたら、
実際に、お寺がいっぱいあって、その中に神様がたくさんいました。

そして、もう少し頑張って登っていくと

e0170863_21593827.jpg


夢にまで見た。
憧れの…

e0170863_2211716.jpg


泰山極頂!!!

ああ~着いたあ!!

泰山を極めました。

うれしくなって、頂上からウチに電話を。
実はウチの父親、趣味でやっている習字の時の雅号が”泰山”。
本当の泰山から、雅号”泰山”に電話するなんて。
地元はちょうどお祭りの日だったけど、あいにくの曇り空だったらしい。
帰ったら、写真を見せたいと思います。

ではでは。
も少し続く。
[PR]

by yagisan123 | 2010-11-19 22:16 | 中国 | Comments(0)

泰山極頂③

世界遺産さん、kozouさん、コメントありがとうございます。
無事生きてますよ。大丈夫です。
ビザの滞在期限が180日で、今月末には何があっても帰ります。
もう、中国には来ません。(キッパリ!…て、どうかなあ)


さて、天街を抜けるとそこは…




e0170863_21591396.jpg



天空の門。

e0170863_220411.jpg


凄いねえ。1500mの高地に、こんな建物作ってしまうんだからねえ。
いつ作られたか知らないけど、当然人が石を運んだんだよね。

門に着いて、振り返ると。

e0170863_2253623.jpg


うわ~、すっげ~!!
万里の長城もこんな感じなのかな。

と、もったいぶって次回へ続く。
[PR]

by yagisan123 | 2010-11-17 22:14 | 中国 | Comments(1)

泰山極頂②

今までは隅の方でこそこそブログをやっていましたが、
先週、会社の中で席変えがあって、私の後ろに経理(工場長)が座るというポジションになり
中々、ブログを開いたり書き込みしたり出来ない状態になってしまいました…。
で、日曜の夜に、手抜きブログを。


中々きれいな紅葉は見れませんでしたが、黄色やくすんだ赤の葉がちらほらと。

e0170863_2243452.jpg


石畳や、石段を、写真を撮るふりをしながら、休み休み登って行きます。

e0170863_22345039.jpg


このルートは、(後で知ったが)どうも一般的でないらしく、
ほとんど人に出会いませんでした。

e0170863_22351529.jpg


そして、一般的なルートとの合流点で人が増えてきて、
な…なんと、「天街」という場所は
その名の通り、標高1500Mの高地の街になっていました。
この人ごみ。さすが五つ星の世界的観光地。驚いた!

e0170863_22441924.jpg


では。(細々と続けます。)
[PR]

by yagisan123 | 2010-11-14 23:07 | 中国 | Comments(1)

泰山極頂①(夢か現実か…)

アシモのように石段を登る動作を繰り返す。
石段登るのが楽か、普通の山道を登るのが楽か考えながら。
…って、どっちも楽じゃねえってば!


デモとかストとか起こっている中国。(最近は聞かなくなりましたが)
外出禁止令から遠出禁令になって、ずっと大人しく日曜日も仕事なんかしていました。
良い子にしてたので、神様がちょっと楽しい夢を見させてくれましたよ。
そうそう、アレの続きを・・・。

A君という、超強力助っ人外国人(中国人、日本語かなり分かる)を手に入れて冒険の旅へ。
前回乗れなかった、朝7時15分の新幹線(2日前に切符購入)に乗って2時間で泰山へ。
駅前でちょっとウロウロして、タクシーに乗ったら
一般的な登山バス乗り場より、そこから7~8キロ左に行ったバス乗り場の方が
バスに乗っている時間が短くて済むよ、と運転手が言う。
タクシー代稼ぎの言葉に決まっているけど、ついつい話しにのってしまう俺達。
10元で行くところが、40元かかった。(う~ん、これもアリか)
で、バス乗り場に到着してバスの料金を確認。
(通常の市内のバスが1~2元で載り放題だかれね。まあ20元くらいと予想)
バス代は、30元でした。
が、しか~~~し!!!
な…なんと、観る代金(入山料?)が127元!!!
(何なんだ、このもっともらしい中途半端な金額は!)
2人合わせて、254元。プラスバス代2人分60元(往復でその倍)。
プラス、ロープウェイ代一人、なんと80元(2人で160元)。
帰りの交通費・その他を差し引いて…うう、足りない。
考えた結果、ロープウェイは無しにしましたぁ~。
歩いて登りま~す。
バスで約半分行くので、750Mくらいの標高分を歩く事になります。
これってキツイのかどうなのか?
山なんて20年くらい登ってないので、感じが全く分からない。
まあいいや、とにかくバスに乗ってGO!

e0170863_22545273.jpg


何なんだ、この良い天気は!続く。
[PR]

by yagisan123 | 2010-11-04 23:04 | 中国 | Comments(0)

夢か現実か…⑤

寒くなってきました。
今週に入って、いきなり寒くなって、
でも日中は以外に暑かったりして、
ちょっと風邪気味です。
うう、体調管理せねば。
週末、いい夢を見れるように…。

さて、竹林寺に着いたのが1時くらい。
それから4~50分くらいなんだかんだやっていて、2時ちょっと前。
2時半くらいには、バス停に戻ろうと思ってました。
実は、すっかり舞い上がって大事なことを忘れていた。
泰安に着いた時に、帰りのバスのチケットを確保しようと思っていたのをすっかり忘れていた。
まあ、3時くらいにバスがあるだろうと勝手に思っていたのだが…。
何となく不安が、押し寄せてきて、帰りはちょっと急ぎ足で。
トントンと来た道を戻って、山の登り口に着いたのは2時15分。
タクシーをつかまえて、バス停まで戻って2時30分。
バス停で、行き先を告げると…

「メイヨー(没有=無い)」
「え?!!!! いや、遅い時間でもいいから…」
「メイヨー」
「・・・・・・・・・・・・・・」

頭の中が真っ白とは、この事。
異国の地で、言葉も分からず、オロオロと。
落ち着け、俺。
何か手はあるはずだ。
そ、そうだ列車があるじゃん。
速攻で、駅へ向かう。
駅へ向かうタクシーの中で、暗いイメージばかりが…
会社に黙って、遠出して。
それも一人で外出するなと言われてるのに、一人でこんなトコまで。
どうなるんだ、俺は。

駅に3時着。
切符売り場の列にならんで、窓口で3時半の列車のメモを見せる。
「メイヨー」
「・・・・うう」
その次の、最終の7時過ぎのメモを指差す。
パチパチとPCを打って、
チケットが…
出たあ~~~~!

思わず涙が…出なかったけど、
ここで目が覚めました。
夢ですよ。
じゃあね~。

e0170863_2223922.jpg


 ↑泰山の駅前かも。
また、いい夢が見れるように。
[PR]

by yagisan123 | 2010-10-29 22:09 | 中国 | Comments(0)

夢か、現実か…④

さらに、とことこ登っていくと、お寺が見えてきた。
少林寺ならぬ、竹林寺。
e0170863_21443045.jpg

e0170863_21471424.jpg

地図を見たら、載ってない。(その程度のお寺なのね。)
門をくぐると迎えてくれたのは…。

e0170863_2144527.jpg

サ…サブちゃん。
中国の、こういうとこキライ!

こんなケバケバした神様(?)があって、お堂がいくつかあって。
しかし、人が一人もいない。
バスの通過点なんでしょうね。
お堂の屋根には草が。

e0170863_2213580.jpg

さらに、お堂を巡って登っていくと、広々した景色。

e0170863_2153214.jpg

あれが泰山の頂なのかもね。
(結構、険しそうじゃん)

e0170863_2275944.jpg

果たして、どこまで行くのか。
では、では。
[PR]

by yagisan123 | 2010-10-22 22:14 | 中国 | Comments(1)

夢か現実か…③

大変な事に気付いてしまった。
自分のブログに投稿できた(はず?)なのに、
自分のブログにアクセスできない。(涙)
う~ん…。

さて、”行動的なのは昔からだよね”さん。
そんなことないんだけど、もうホントに
”正直、やってらんねえよ”で、家出したって感じ。
あっ、そうそう夢の話でした…。

途中、バス用の舗装道路を横切りながら、石段は続いていきます。
そんなに登っちゃいないけど、何となく中国的な景色が。

e0170863_22113820.jpg


ちょっとだけ、紅葉。
e0170863_22123893.jpg


石段を、どんどこ登っていきます。
e0170863_22153298.jpg


そして、おお~これが夢にまで見た…
e0170863_2217031.jpg


「長寿の滝」!
…って、多分誰も知らない(笑)

まあ、そんなこんなで、もう少し登っていきます。

では、また。
[PR]

by yagisan123 | 2010-10-20 22:26 | 中国 | Comments(0)