3月11日、春の予感。

前日降った雪も、あっという間に融けて春のような日差し。

天気予報では曇りのはずが、思わぬ好天気に…とにかく出発!

行先は、いつもの三春。

でも、今回は片曽根山の裏側から行ってみよう。

349号線で小沢へ。

おっ、『小沢の桜』の木がきれいだね。

e0170863_23849.jpg



小沢から芦沢へ抜ける。

道路から、ふと目に入ったコイツ。

e0170863_23113833.jpg


おお~、芦沢の『お人形さま』。

何だか懐かしい~。

俺たちの故郷を守っておくれ。

では。
[PR]

by yagisan123 | 2012-03-14 23:16 | I Love 福島 | Comments(0)

吊るし雛②(in飯野)

さてさて、順番が逆になってしまったけれど、
実は、3月3日に別の場所で吊るし雛を見てきた。

いいの…。飯野…。
福島市飯野町…か。(合併して)
福島市に行く途中で、通過するだけの地点で…
綺麗な三角錐の山があって、UFOの里として町おこしをしていた。

個人的になじみのない町であるが、5年ほど前から町おこしで、
この時期、町内の店舗で吊るし雛を飾っているらしい。

・・まあ、この程度の知識で、あとは野生のカンを頼りに行ってきました、土曜の午後。
小さな駐車場に車を止めて、小さな商店街に入っていくと…。
最初は、ん?瀬戸物屋さん?
ガラス越しに、吊るし雛が見える。
「こんにちわ~、見せてくださ~い。」


e0170863_2047106.jpg


う~ん、ちょっと地味か…。

次は、電気屋さん。
「こんにちわ~」


e0170863_205081.jpg


ショウインドーに縮緬の龍、そしてショートケーキの飾り。


時計屋さん、呉服屋さん、肉屋さん、婦人服屋さん、貴金属屋さん・・・
それぞれの店が、それぞれの趣向をこらして飾っている。


e0170863_20595722.jpg


e0170863_2102988.jpg



店のおばちゃんや、他のお客さんと世間話をしながら、見て歩く。


e0170863_2125281.jpg


e0170863_21253031.jpg



意外に面白い。


e0170863_21383972.jpg



e0170863_23232659.jpg


これは、最後に行った婦人服屋さんで、
写真右側、復興を願う千羽鶴ならぬ千人雛になっています。


帰り際に、肉屋さんで蓮の乾燥した物(種の抜けた部分に縮緬を詰める)を買ったら、
メンチカツをおまけしてくれた(笑)


来年も、行きます。
[PR]

by yagisan123 | 2012-03-06 21:54 | I Love 福島 | Comments(0)

’12.3月 滝桜~桜湖~雪

中通の山沿いでは、二日午後から三日の未明にかけて雪の予想…。

いやあ、見事に降った。
それも、春先に降るような大粒のボタン雪。
地面の方は、解けている重~いべた雪でした。
もう、雪かきが大変。
通常の三倍の重さで、雪かきの道具に付いて落ちないし。
もう疲れた~。

ん?
待てよ。
金曜の夜の大雪。
明日は仕事が休み。
スキーにでも…
って、行かない。行かない。(もう卒業)

雪の滝桜が見れるかも。
少し早めに寝て、少し早めに起きて
で、朝また雪かきして、三春へGO!

それほど寒くない時期のべた雪なので
周りの木々はクリスマスツリー状態。
期待は出来そうですが、後は解けるのが心配。
さてさて…


e0170863_23191859.jpg



いやあ、積もってまっせ。
さすがにこの雪なので、地元のカメラマンしか来てないようです。


e0170863_23304128.jpg



多分、今シーズン最後の雪の滝桜。
見事に積もってました。


そして、お約束の桜湖と春田大橋。

e0170863_2337234.jpg



氷の模様が面白い。

e0170863_23374924.jpg



そして、福じゅう寺の桜(の木)。

e0170863_23403141.jpg




家に戻って、カメラのバッテリーを充電していたら、
晴れ間が出てきたので、再度三春にダッシュ!!

e0170863_23434752.jpg



これが、今日午前中の出来事さ。
ふう~疲れた。一休み。
[PR]

by yagisan123 | 2012-03-03 23:46 | I Love 福島 | Comments(0)

2012.2月 滝桜~桜湖~

いや~、ぼーっとしてる間に2月になってしまった。
ここ2週間ばかり、久々に忙しい日々を過ごしておりました。
皆さんの地方では、節分にはイワシの頭を玄関の軒先に刺したりするんでしょうか?

さて、
日本海側は大雪のニュースが流れていますが、
こちら(福島県中通り)は、寒いのは寒いけど雪は比較的少なく助かっています。
昨日雪が降って今日は晴れたので、久々に滝桜を見に行ってきました。
9時過ぎに家を出たんで、雪はあまり期待しないで、挨拶って感じで。

e0170863_1843069.jpg



陽当りの良い畑の斜面に立っているので、何となく春間近って雰囲気だけど
いやいや、気を抜いちゃだめだ。まだ2月が始まったばかり。
まだまだ雪は降る。

滝桜の前の道を下って、そのまま桜湖(ダム湖)へ。
湖越しに春田大橋が見える景色が好きで、行ってみると…。

e0170863_18571637.jpg



おお~、湖が凍っている。
こんなの初めて見た。
アップすると。

e0170863_19214595.jpg


さむい~~~!!


帰りに、福じゅう寺にもよってきた。
春まで、もう一頑張り。

e0170863_1994093.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2012-02-05 19:07 | I Love 福島 | Comments(0)

福島の風

昨日の紅白。

『猪苗代湖ズ』、気合が入り過ぎ。

ユーミンが素晴らしかった。

そうきたか、小林幸子。



新年にあたり、こんな詩を。



『決意』

和合 亮一


e0170863_11392715.jpg


福島に風は吹く

福島に星は瞬く

福島に木は芽吹く

福島に花は咲く

福島に生きる


e0170863_11401169.jpg


e0170863_1150878.jpg


福島を生きる

福島を愛する

福島をあきらめない

福島を信ずる

福島を歩く


e0170863_11422630.jpg


e0170863_11425962.jpg


福島の名を呼ぶ

福島を誇りに思う

福島を子供たちに手渡す

福島を抱きしめる


e0170863_11435590.jpg


e0170863_1154311.jpg


More
[PR]

by yagisan123 | 2012-01-01 11:49 | I Love 福島 | Comments(5)

花火!

どうも花火をきれいに撮れたためしがない。
理由がわかった。
…いや、理由の一つがわかった。

昨日行った須賀川「釈迦堂川花火大会」。
地元の花火大会と比べて、花火の密度がまったく違う。
地元の花火はバンバンと花火が上がってから、次に上がるまで間があるので
そこでシャッターを押しても何も写らない。
が、こちらはバンバンと上がってからも、ババババーンと続くので
シャッターが遅くても何かが写っている。

と言うことで、少し小雨の混じる中「釈迦堂川花火大会」は始まりました。

e0170863_21301958.jpg


行きたかったんですよね。
今回、やっと行けました。

e0170863_2136291.jpg


少し、ピンボケ・ブレブレ。
でも数打ちゃあ当たるで、まあ見れるんじゃない?

e0170863_21282011.jpg


すごい人・人・人…。
そして花火も、素晴らしかった。

e0170863_21365912.jpg


来年も行きたい。
では。
[PR]

by yagisan123 | 2011-08-21 22:27 | I Love 福島 | Comments(2)

「mon mo」

最近「mon mo」(初夏号)という雑誌を買った。
福島の自然や観光を案内している雑誌で、
写真がきれいなので、時々立ち読みをしている。
”mon mo”の意味は知らない。ただ、カタカナで書くと”モンモ”。
福島の”桃”をイメージしているのではないかしらん。

さて、この「mon mo」(初夏号)
発行は5月の20日と書いてある。
たぶん2か月くらい前に立ち読みした記憶がある。
漫画は立ち読みですませ、小説は図書館で…
ここ最近、本を買った記憶はない私が、なぜこれを買ったか。

一つは、いつまで経っても売れずにコンビニの本棚に残っていたコイツを不憫に思ったこと。
そしてもう一つは、内容が震災に対する特別号だったこと。
日常に埋没して、震災の記憶も薄れてきているこの頃。
いや、あえてあの不安な日々を忘れようとしてるのかもしれない。
そんな中で、あの時の記録として手元において時々ページをめくるのも良いかも…。

中身は、一般の人の代表といった感じの人の言葉と
福島ゆかりの著名人の寄稿がメインです。
少しずつ立ち上がり、自ら光を灯そうとしている人達の言葉。

花見山の園主、阿部さん。
「大勢でいると、泣きたくても泣かれない。そういう時は、花見山で泣いてもいい。
 花は誰にでも平等だし、花見山から福島市内を眺めると気持ちも広くなりますよ。」

作家の大石邦子さん。
「何もかもすべて終わりっていうことは、
 何もかも全て、これから新しく始まるっていうことでもあるんじゃないの…」
事故で全身麻痺になり、自暴自棄になった大石さんに母がかけた言葉。

地元田村市の有機農家の大河原伸さんも載ってまして、
この前、PTAの集まりで来てたんですけど、話しができず仕舞いでした。

そして、癒してくれる福島の風景の写真。


震災は、まだ過去形ではなく現在進行形なのだけど、自分の中では過去形になりつつある。
(原発問題はまだまだ続いているけどね…)
時々ページを開いて、自分の立っている位置を確認したいと思う。
[PR]

by yagisan123 | 2011-07-17 11:31 | I Love 福島 | Comments(0)

I Love 福島③ 「福聚寺の桜」&「合戦場の桜」

昨日は、新潟へ移動する設備の荷造りと積み込み、そしてバザーの準備をしていました。
(バザーの売り上げはもちろん、全額寄付)
倉庫で棚をばらしたりしていると、窓の外にハラハラと白いものが。
何だろうと思って見てみると、桜が散って雪のように舞っている。
あ~、良いねえ。仕事中だけど、半分仕事じゃないような感じなんで。
桜の舞う中、トラックに荷物を積み込みしたりして、何だか得した気分でした。


さて、あっという間に春も終わってしまう感じですが、先日の桜シリーズの追加。
パターンになっていますが、滝桜の後は「福聚寺の桜」と「合戦場の桜」を。

滝桜から戻って、三春町内の福聚寺へ。
あの芥川賞作家の玄侑宗久さんが住職を務めています。(以前は副住職でした)
ここの墓地や境内にも桜が咲いて、この時期はまさに極楽のよう。

e0170863_19441734.jpg


e0170863_2071153.jpg

e0170863_19465289.jpg


そして、三春から岩代へと抜けて合戦場の桜。
いつものアングルで。

e0170863_2061218.jpg



さらば。また会おう。

e0170863_2031474.jpg

では。
[PR]

by yagisan123 | 2011-05-01 20:21 | I Love 福島 | Comments(0)

I Love 福島② 『滝桜』

この辺も桜が咲き始めたと言うのに
4日くらい前の天気予報で、週末は雨の予想。
何だか『やっぱりな』と思ってしまった。
今年は色んな意味で、ついていない。
昨日は雨で、天井裏に雨漏りの音(うう…)

が、しか~~し。
一夜明けると、あれあれ、予想外の晴天。

e0170863_17515383.jpg


滝桜が俺を呼んでるぜ!
目覚まし時計で7時前に目が覚めて、7時20分には出発。
国道288号線を三春に向かい、途中から裏道を行く。
予想通り渋滞はなかったけど、さすがに滝桜近くになると少しの渋滞。
駐車場は無料。車を置いて少し歩く。ちょっと寒い。

e0170863_1851344.jpg


人出は4分の一くらいだろうか。
地元の人と、本当に好きな人が車を運転してやってきたってとこか。
いつもの春とは違う、のんびりした感じ。

e0170863_19264288.jpg


桜を眺めなら、ゆっくり時を過ごす。

どこにでも、平等に春はやってくる。
それが、うれしい。

e0170863_19314994.jpg


樹齢千年とも千二百年言われる滝桜。
色んな支えがあって、今年も見事に咲きました。
これからも、暖かく見守ってほしい。

※さすがに帰り道…10時くらいには高速のインターからの渋滞が始まっていました。
 日曜日に訪れるなら早朝に。高速を使うなら「三春・船引IC」で降りるのではなく、
 「郡山東IC」で降りることをお勧めします。
[PR]

by yagisan123 | 2011-04-24 20:00 | I Love 福島 | Comments(0)

I Love 福島① 『花見山』

福島県て、わりと目立たない存在で、例えば「東北」と言えば、
青森・秋田・岩手はすんなり出てきて、後は何だっけ・・みたいな。
かといって関東ではないんだけど、福島と茨城が逆になっていても誰も気が付かない・・みたいな。
福島県出身の有名人て言えば、西田敏行と・・・あれ、他に誰?

そんな地味な福島県が何かと話題になっているようです。
レベル7なんてめっそうもない。チェル先輩には到底かないません。
せめてレベル5くらいで勘弁してくださいませ。(お願いしますだ!)


まあ、クヨクヨしていても仕方ない。
観光客が減ってる今がチャンスとばかりに、行ってきました『花見山』!
福島市の東側、渡利地区の花木農家が
梅・桃・桜…その他の花々が咲き誇っている里山を一般の人に公開しています。
2年前に近くまで行きましたが、車が渋滞していて途中で戻ってきました。
今年は…なんとか行ってきましたよ。

e0170863_2115917.jpg


そう、快晴&満開!
渋滞のため途中に車を置いて、歩くこと30分。

e0170863_2122152.jpg


e0170863_2133571.jpg


山一面が、ピンクや白や黄色の花々で埋め尽くされています。

e0170863_218495.jpg


遠くには、雪を頂く吾妻連峰が望めます。

e0170863_21115420.jpg


例年、今の時期の休日だと観光バスが連なり、一日3万人も訪れるそうです。
今年は観光バスが一台もありませんが、それでも今日は一万人くらいの人出のようです。
今年は、福島観光の狙い目ですぜ、皆様方!

e0170863_21122155.jpg


自然は、ときに厳しく、ときに優しく包んでくれる。
I Love 福島!
福島の良さを、地味に伝えていきます。
[PR]

by yagisan123 | 2011-04-17 21:34 | I Love 福島 | Comments(2)