カテゴリ:晴耕雨読への道( 4 )

どんより曇りの週末


昨日、土曜日はタイヤ交換や親戚に行ったりして一日が終わる。

いつもは、お彼岸が過ぎたらタイヤ交換をしているのだが

今年は、お彼岸過ぎに雪が降ったりして、タイヤ交換のタイミングが遅れ

いつもお願いしている、トヨタの店では一週間予約がいっぱいで

別の店で、1時間待って交換してもらった。

親戚の家に行っても、留守で出直したり。何かとタイミングが合わない一日。

天気も、どんより曇り。




土曜日のうちに、近くの農家に機械で畑を耕してもらって、日曜日はジャガイモの種を植える。

朝から曇りで、小雨が降る天気予報だったのを甘く見て、薄いジャンバーを着ていったら

朝の8時から始めて、1時間もしないうちに降り始め、たいした降りではないのだけれど

しばらくすると、ジャンパーから雨がしみ込んできて…。頭も濡れてくるし…

空が明るいので、すぐに止むのかと思いつついつまで経っても止まず

”止まない雨はない”なんて、言葉では簡単に口にできるけれど

こんなに何時までも降っていると、永遠に濡れていなければならないのかと思ってしまう。

テンポを上げて、2時間くらいで作業を終えて撤収。

本日の作業は、これで終わり。


それにしても、この天気。

しばらくして雨は止んだけど、空には厚い雲。

会社員にとっては、週末しか出かける機会がないからね。

天気が良くなることを祈りつつ……




e0170863_23273661.jpg


つづく

[PR]

by yagisan123 | 2017-04-09 23:30 | 晴耕雨読への道 | Comments(2)

穴を掘る


先日、畑の隅に穴を掘った。

一つは、三角の小さい方の畑の隅に、直径1.5mくらいで、深さ1mくらいの穴。

もう一つは、ちょっと大きめの畑の隅に、縦1.5m×横2mくらいで、深さ1mくらいの穴。

夏に収穫したキャベツやその他諸々の根や、ハコベなどの雑草を畑から取り除いてこの穴に埋めて

そのうえで、畑をトラクターで耕すのだ。


直径1.5mの穴…

もちろんスコップ1本で掘るのだが、畑なので土が柔らかくこの程度ならまあまあ楽勝。

一仕事終わった感でいたら、「向こうの畑も」と。

そうそう向こうの畑もあった。1年ぶりなのですっかり忘れている。

向こうの少し大きめの畑に行って、父が畑の隅に「これくらい」と穴の大きさの線を引く。

縦に1.5mくらい、横に2mくらい…いや、もう少し大きいか。

深さは、スコップの取っ手より下くらい。

うむむ……、こんなに大きかったっけ?

しかたがない、やるしかない。

最初のうちは、土が柔らかいので楽勝だが、掘り進むにしたがって段々と固くなってくる。

ザクッと土にスコップを突き刺して、土を掘りあげていく。

単純なこの作業の繰り返し。疲れてくると休みながら作業する。

重機なんかで掘れば、あっという間だろうけど、もちろんそんな重機は身近にない。

コンピュータでプログラムして、エンターを押すとあとは自動で…なんて言うソフトもない。

ただ、淡々と掘り続ける。

戦後のどさくさで、シベリアに抑留された人たちは、こんな作業を生死の境まで繰り返していたのかと思う。

急に、ロシアが憎くなってきた。

畑の向こう側で休んでいる、父も憎たらしくなってきた(腰が痛くて休んでいるんですけどね)。


ふと、思った。

この穴って、人を埋めるのにちょうど良い大きさじゃね?

人が横たわった大きさと、ちょうど同じ。

いやでも、畑だからまだこんなに掘れるけど、普通の地面なら掘るの大変だなあ。

殺人を犯して、死体を隠すために穴を掘る人の大変さを思う。

穴を掘るのが大変で、中途半端に浅く掘って、死体が発見されたりするんだろうなと、ふと思った。



まあまあ、そんなこんなの春に向けての準備でした。

畑を耕して、種をまいて、なんやかんやして、夏には収穫されるのですな。







e0170863_10010952.jpg



ああ、ごめんなさい。スイカは作っていません…

この畑は、ジャガイモとカボチャです。


[PR]

by yagisan123 | 2017-04-01 10:06 | 晴耕雨読への道 | Comments(2)

庭先の諸々2


そうなんです。

家から少し離れたところに畑はあるのですが、

庭先にも普通に畑があります。

「畑、どのくらいあるの?」

と、以前聞かれたことがありますが、畑の広さの単位が分かりません(-_-;)

家庭菜園よりは広くて、兼業農家ほどではない…中間くらい?

ジャガイモでも、年寄りと素人が三人で、半日で収穫を終える程度です。



庭先には、ナス・きゅうり・トマト・インゲン・エンドウ豆…等。




e0170863_20073255.jpg
野菜はうまく撮れない。(ナス、小さっ)





e0170863_20073786.jpg
台所にあった、もぎたてトマト。


夏場は、たいていの野菜は自給自足です。(枝豆もあり)





6月に、近くの農家から買った梅が…

e0170863_20375023.jpg





今日は、こんなにシワシワ。

e0170863_20080638.jpg


梅干しは、ばあちゃんが天日で干しているのですぞ。

(ばあちゃんもシワシワです・笑)


[PR]

by yagisan123 | 2016-07-31 20:45 | 晴耕雨読への道 | Comments(4)

楽をする……事。


仕事、仕事、仕事…。

ひたすら仕事をしています。

世間では、三連休も普通に日曜休みのみだし。

今週末は久しぶりの2連休だったはずが、休みなしの気配…。

いや、言うまい。仕事があるのは良いことだ。



さて、そんな世間的には3連休だった日曜日。

久々に、中学の友人達と飲んだ。

”今度、旅行いくべえ”の話から、”親の介護”の話とか…。

話し込んでいるいる内に、ついつい本音が出てしまった。

俺「俺、会社辞めようかと思ってるんだ。三男も来年卒業だし。
 嫁さんも、まあまあ稼ぎあるし。親も少しづつ体が不自由になって来てるしさ…」

割とみんな普通の反応で…

(あれっ、俺って飲むといつもこんな愚痴言ってる?)

いや、今度ばかりは本気さ。

俺「でさ、実際に会社辞めたら、仕事してた時間をどう過ごすか…つう事よ。
 まあまあ親の面倒を見て、畑仕事をして、絵をもう少し本気で描くか…とか」

友人A「男の人はいいよね、女は炊事・洗濯・掃除とかで1日終わっちゃうもんね」

俺「そうか~。だからね、俺なんか自由な時間ができちゃうと、楽な方・楽な方へと
 走っちゃうような気がすんだよ」

友人B「yagiにとっての楽なことって何だよ」

俺「いや~、昼までグダグダ寝てるとかさ。映画のDVD1日見続けるとか…」

友人B「俺だったら、旅行いきてえなあ。英語ももっと勉強してえし。楽なことって、楽しいことじゃね。だったらもっと好きなことやれば良いんだよ」


目から鱗の友人の言葉。

”楽をする=体を休める” ことしか思い描いていなかった俺。

”楽をする=楽しいことをする” だとは思ってもいなかった。

そうかあ、楽しいことをするかあ。昼まで寝てちゃもったいないもんな。

まあまあ体も休めつつ、頑張りましょう。

楽をするために、もう少し頑張るのだ。

でもね、3年以内には会社を辞めるからね。

マジ本気さ。




e0170863_21143759.jpg

京都の石畳。



[PR]

by yagisan123 | 2016-07-21 21:28 | 晴耕雨読への道 | Comments(4)