『命もいらず 名もいらず』山本兼一著

幕末から明治にかけて活躍した、山岡鉄舟を書いた本。

山岡鉄舟って、名前を聞いたことがあるけど何をした人か全く知らなかった。

一言で言うと、明治の天皇陛下の侍従になった人である。

江戸時代から、明治に変わっての最初のリーダーの付き人(?)であり、指導者であったりするわけだよね。

この人の人生が実に型破りで面白い。

破天荒とかいうのではなく、実に真面目(自分に対して)で、真面目を貫こうとすると型破りになるという

きっと、この時代には本当にこんな人が存在したんだろうな、と思う。

剣の道を究めようとすれば剣を、善を究めようとすれば善を、そして書を、正義を、国の行く末を

それこそ寝る間も惜しんで邁進する。

「自分の為に善い事は、国の為にも善い事になるだろう」という父の遺言を胸に。

幕末から明治の人なので、幕末の動乱に巻き込まれていくわけだけど、

勝海舟との出会いもあって、幕臣であっても日本国というレベルでものを考え、動いていく。

自分の中の歴史は、大政奉還とかで完結している感があるけれど、

当然、明治になって体制が変わっての、生みの苦しみがあったわけで、

そんなのが読み取れて良かった。

『利休にたずねよ』以来の山本兼一の本だけど、文体が竹を割った様にきちっとしていて、

実に気持ち良い。



さて、それに対して少し前に読んだ『黒書院の六兵衛』(浅田次郎著)

何だろうな~、これ。

まあ、人によって感じ方は色々だろうけど、正直つまらなかった。

これも、同じ明治の初期の話。

江戸城明け渡しが決まった城の中に、じっと黙って座り続ける武士にまつわる物語。

ただただ座り続ける武士に正義はあるのか??

そして、その正体もちゃんと納得できるようにしてくれたら、読後感も変わっていたかもしれない。



個人的に、坂本竜馬で終わっていたこの辺の時代がつながってきました。

壊すのも大変だったろうけど、創る方はもっと大変だったろうなと、改めて思った。



e0170863_23401799.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2014-08-31 23:36 | | Comments(0)

夏は『ウォーターボーイズ2』

今クールのテレビドラマ・・・

『若者たち』・『家族狩り』も良いけど

『ウォータボーイズ2』(再)が面白い。

本家の『ウォーターボーイズ』と違って、優しげな登場人物たち。

だけど、がむしゃらに前へ前へと突き進んでいく。

その純粋さと、前向きさが楽しい。

市原隼人、小池鉄平らのホンワカした男性軍と

そして・・・

石原さとみが・・・

カワイイ・・・。



e0170863_22414752.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2014-08-22 22:27 | ドラマ | Comments(0)

釈然としない一日

名古屋の短大にいた頃の同級生、本橋君。

女性の多い美術系の学校で、出口君と本橋君と三人でいつもつるんでいた。

卒業後は、埼玉に住む本橋君の所へ、個展の案内があって一度見に行ったきり会っていなかった。

訃報が届いたのは、去年の1月。

前年の7月に肺炎をこじらせて、亡くなったとの事。

その前にも、頭に腫瘍ができて手術したとかのハガキがあり、あまり体調は芳しくないのは知っていた。

3~4年前に埼玉に住む弟の所に寄った際、本橋君の所にも寄るつもりが、

時間が無くなって寄れなかったのが悔やまれる。


今回、思い立って、線香だけでもあげに行きたいと思い、連絡を取ってみると・・・

おそらく母親だと思われる人から

「もう三回忌も済んだし、福島も大変でしょう」と、やんわり断られた。

う~ん・・・、何だこれ?

こちらを思って断られたのか?と思い直して、次の日にまた連絡をとり

そちらに行く用事があり、ついでに立ち寄りたい的な話をすると

弟らしき人が、もう三回忌も済んだし来なくていいですよ、と。

来てもらっては迷惑・・・的な。

何だこれ????

線香をあげに行きたいと言って、断られるとは思ってもみなかった。

都会だからそうなのか?本橋家がそうなのか??早く来なかったからか???

釈然としなまま、1日が何となく過ぎてしまった。

(今日行くつもりだった・・・時刻表を調べて・・・道路を調べて・・・)



まあでも、思い出すいい機会になったかな。

お前の分も生きるよ。

そしてやっぱり、また機会を作って線香あげに行こうかと思う。



e0170863_18134055.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2014-08-16 17:32 | ひとりごと | Comments(0)

変わりばえのない日々だけど・・・。~『アナ雪』

次男が、実習で2か月ほどこちらに帰っていた。
理学療養師の学校に行っていて、地元の病院で実習をしていた。

で、ネットを次男に預けて、こちらはブログから離れてしまったのだが、
お盆で、子供たちが帰ってくるのを機に、”光”に戻して、ブログ復活。

まあ、ブログなくてもあんまり生活に支障もないんだけど、
ちょっと物足りないような気もしないでもない。

近所の床屋のオジサンが亡くなったり、『アナ雪』を三日三晩見続けたり、残業をしたり・・・
まあまあ、あんまり変わりばえのない日々か。

やっぱり地味に続けていこうかと。


『アナ雪』のレンタルが始まって、一週間後に二泊三日で借りてきた。
二日は普通に日本語で観てたが、三日目は英語版で観てみた。
英語が解るはずもなく、もちろん字幕付きで観たのだが、随分と印象が違う。
日本語版だと”アニメ”って感じだけど、英語版だともっと落ち着いた感じ(声優の声の質も大きいと思うが)。
画面も違ったものに見えるのは不思議だ。
そして、英語版の字幕の訳と、日本語版の意訳の違いが面白い。
「へえ~、元々はこう話しているんだ・・・」的な。
一番違うのは、『レット・イット・ゴー』の訳だろうね。
「ストーリーとこの歌詞、あってないんじゃねぇ?」
と思っていたけど、やっぱり違ってました。
その日本語訳が、この曲の大ヒットにつながったとも思う。





[PR]

by yagisan123 | 2014-08-14 16:13 | 映画 | Comments(0)