夜空の星

夜、近くのスーパーに歩いていった。

もう7月になると言うのに肌寒い。

何だか異常気象っぽい、と思って歩きながら空を見ると

金星が輝いていて、その左斜め上にも星が輝いている。

あれっ、なんだあれ。

周りの空を見ると、反対側に月が出ているだけで、星は他に見えない。

何だろう、あれ。金星以外に夜空に唯一輝く星を知らない。

げげ~、何だか気持ち悪~!

何かの悪い予兆か・・・・・・。


と思って、ネットで調べたら、どうも木星らしい。

木星か・・・。

う~ん、まだまだ世の中知らない事ばかり。



e0170863_22534268.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2015-06-29 22:53 | ひとりごと | Comments(0)

『修羅走る・関ヶ原』(山本兼一著)

歴史ものの小説の醍醐味って色々あるだろうけれど

自分としてはやっぱり、その時代にタイムスリップできる感覚がたまらない、って事。

まるでその時代にいて、見て聞いて体験したような絵空事を

小説を読むことにより、その世界に引き込まれ体験できてしまう。


『修羅走る・関ヶ原』は、関ヶ原の戦いの数時間前から始まる。

石田三成や、徳川家康や各武将の視点で物語は進んでいく。

夜明け前の霧に沈む関ヶ原。十数万の兵が雨に濡れ戦いの時を待っている。

それはまるで山ほどの大きさの大蛇が地を這っている気配。

なにかが渦巻き、静かにどよめく、天地を横溢する不可知な力。

描かれるのは時代の大きな波。

そしてその大きな波の中で知力・胆力・体力を尽くして生きようとする人々。


う~ん、何だか凄いねえ。

読んでいる途中で・・・いや、読み始めた時から

関ヶ原の戦いの事をほとんど知らない自分に気がついた。

1600年の石田三成と徳川家康の戦いで、家康が勝った事くらいしか知らない。

そんなこともあって、中古本屋さんに行ったらちょうど、『徳川家康』全○○巻(山岡荘八著)があって

たまたま手に取った18巻が関ヶ原の巻だったので、買ってしまった。

登場する人物の性格もリンクしているようなので面白い。

これでまた、図書館への返却が伸びてしまう予感が。(そう簡単には読み終えられない)



e0170863_17502418.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2015-06-28 17:50 | | Comments(0)

『火花』又吉直樹著

2週間前の事。

図書館で山本兼一の『修羅走る・関ヶ原』を見つけて、喜んでカウンターに持っていったら

いつリクエストしたか忘れていた、又吉の『火花』が来ているとの事。

ちょー忙しいさなか、2冊の本を読むのは無理っぽいが、喜んで借りてきた。


まずは薄い方の又吉の『火花』を手に取った。

これは凄い。本格的な文学作品になっていた。

難しい語彙や、文体が取って付けたようではなく、又吉のものになっていました。

その昔、『限りなく透明に近いブルー』を読んだ時の、脳ミソがくすぐられるような感覚を思い出した。

芥川賞の候補になっているのも、普通にうなずけます。

もう完全に、着物を着てペンを握っている側の人間だね。

なぜお笑いをやっているのか、疑問になったくらい。

次に予約の人がいたので、期日を守って返してきましたが、

図書館のお姉さん(おばさん)に「面白かった?」と聞かれたとき、

「いやあ、本物でした」とは答えたけど、面白かったかと聞かれたらどうなんだろう・・・

好みにもよるんだろうけど、自分として「まあ、面白い」レベルかなあ(偉そうに!)。

次回作は、気にはなるけどね。



e0170863_1828167.jpg



『関ヶ原』は延長してきました。

ついでに『夢をかなえるゾウ3』を借りてきてしまったぞ。

(正直言うと、山本兼一さんの本を読んでしまうのが惜しいのだ)
[PR]

by yagisan123 | 2015-06-27 18:33 | | Comments(0)

自画像・・・

もう30年以上前に卒業した名古屋市の母校で

卒業生たちの自画像展をやっています。

当時は短大だったのが、今は立派に4年生大学。

音大と仏教大学の間に、間借りしたような感じでこじんまりとありましたねえ・・・。


さて、自画像展。

締切ギリギリになって描いて出したのは、まだ寒い頃だったか。

最近になって、あんなやっつけ仕事みたいに描いたモノが人前に出ることが恥ずかしくなり

描き直そうと、実は頑張っておりました。

結果は・・・・・・。

そもそも、自画像なんて、描こうとするモチベーションが、『課題』意外に見当たらない。

綺麗なオネエチャンならまだしも、自分の顔を描いて何が楽しいのか!

そして、山とか川とかなら形が歪んでいても気づかれる事もないが

左右のバランスが悪かったり、目が大きかったり、顎が長かったりすると変な感じになる。

そしてそして、これが一番大事な事だけど

例えバランスよく描けても、『それが絵として面白いか?』という事です。

角度を変えたり、顔半分にしたり・・・構図を変えてみたが、すぐに飽きてしまって。



単純に、力不足です。

企画した浅尾さん、ありがとうございます。

本気で描いた皆様、私のやっつけ自画像で末席を汚してしまって申し訳ありません。

見て見ぬふりをして下さい。

そして、いつか必ず・・・・・・いや、描かないだろうなあ。


 ・名造な人たち -自画像展-

 ・名古屋造形大学

 ・6月22日~7月3日



e0170863_22492992.jpg

こんな感じで描けば良かったか・・・。
[PR]

by yagisan123 | 2015-06-23 22:56 | 想い | Comments(0)

割引旅行券騒動!

福島でも発売された、割引旅行券。

3千円で6千円分の、そして5千円で1万円分の旅行券が購入できるという事で

福島県内のみで使用できるものですが、ちょっと旅行にでも行くべえと

発売日の夕方にコンビニに寄ったら、あっという間に売り切れたそうです。

そうだよね、何の縛りもなくて何枚でも手に入れられるなら、売り切れちゃうよね。

仕方ないなあと諦めていたら、数日後の夜のニュースで、

鳥取だかの商品券(旅行券?)が大量にネットオークションに出回っていて問題になっている話題が。

こちらも、五千円で一万円分の価値があるもので

これが、8500円くらいでオークションに。

8500円でもまだ得っていえば得で、当然買う人もいるだろうけど

何よりかにより、3500円をボロ儲けする出品者が腹立たしいし、

そんな事、簡単にやらせてしまうような県の担当者が、あまりに愚かだ。

何らかの縛りを設けるか、法的に可能な罰則規定を明記すべきです。

福島県では、8月の第二期の販売には、何らかの対応を取ると言ってるそうですが

次回は、ちゃんと旅行を計画している人の手に渡るようにしてもらいたいものです。ホントに!



ニュースで、補助には我々の税金が使われていると言っていましたが、違います。

6割の税金と、4割の借金が使われているのです。

こんな半額の補助なんていう、大盤振る舞いをするからおかしくなっちゃうんだよ。

そんなことしてる場合じゃない!・・・と言いつつおいしい話には乗っちゃいますが。



e0170863_1244828.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2015-06-07 12:44 | 想い | Comments(0)