行く年、2015。

さて、今年も残すところあと僅か・・・2時間と少々。(おお~、前田~!大島~!)

今年は、色々行きましたねえ。

二月は、『大内宿の雪まつり』。

四月は、観音寺川の桜がきれいでした。



e0170863_21434946.jpg




五月、六月、七月、八月、九月と仕事しまくりで、

十月、『つばくろ谷』。十一月、裏磐梯から土津神社の紅葉。



e0170863_21544210.jpg




あああああ、忘れていた九月の京都。

最終日には金閣寺に行ってきました。



e0170863_22205399.jpg




どうしても定番のアングルからしか撮れない。う~~ん。



e0170863_22213831.jpg




また来年も京都に行きたいなあ。

では、良いお年を。
[PR]

by yagisan123 | 2015-12-31 22:26 | ひとりごと | Comments(0)

『夢を売る男』『輝く夜』・・・そして『ボックス!』(百田尚樹著)

百田尚樹の本が読みたいと以前から思っていた。

地元の図書館には、数冊しか置いてない。

本屋で買うのも何だかなあと思って、中古本屋さんに行ってみると意外に色々と置いてある。


『夢を売る男』、何気なく手に取った。

帯に”一度でも本を出したいと思ったことがある人は、読んではいけない!!”と書いてある。

なんだこれは!自費出版を絡めた詐欺か?

と思いつつ読み進めていくと・・・何だよ~、良い話しじゃん!

テンポも良く、話が進んでいく内に感動してしまった。

恐るべし、百田尚樹。


『輝く夜』も、あったか、ほっこり、泣かせる、良い話。

こんな展開になるんじゃないかと予想できつつも、泣かされる。

うう・・恐るべし。


そして、『ボックス!』。

(そういえば『永遠の0』を読んだときは、戦争の描写が長くて中断したなあ・・・と思いつつ)

個人的には、『永遠の0』以上じゃないかなあ、と思った。

高校生の天才ボクサー、鏑矢。親友の優等生、木樽。

いじめををきっかけに、鏑矢の後を追うようにボクシングを始める木樽。

地道に着実に力を付けていく木樽、そして話が二転三転して・・・。

いやあ、展開が全く読めなかった。

ボクシングの描写もリアルで、ドキドキ・ワクワクの上下二巻。

ぜひ、読むべし。
[PR]

by yagisan123 | 2015-12-13 23:18 | | Comments(0)