<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

夏井川へ行ってみた


11月23日、勤労感謝の日。晴れ。

風が冷たいけど、日差しは温かい。

午前中用事を済ませて、昼前にちょっと出かけてみる。

夏井川渓谷…。

家からいわき方面に、1時間と少し。

ひょっとして紅葉が残っているかも。




小野新町を過ぎて、夏井川沿いへ。

やっぱり寒いなあ。

木々も、冬バージョン。





e0170863_22414701.jpg




紅葉終わりかなあ。

さらにいわき方面へ下っていくと。




おっ!




e0170863_22420188.jpg






e0170863_22492573.jpg







e0170863_22493236.jpg






色は少し褪せてましたが

駐車場脇に、一本の大きな紅葉。

一週間早く来ればよかったかな。






e0170863_23001628.jpg







e0170863_23004881.jpg





来年は、夏井川の『川』と紅葉にチャレンジしよう。






e0170863_23010681.jpg



では。

[PR]

by yagisan123 | 2016-11-30 23:11 | 紅葉 | Comments(0)

冬の寒さに…


あなたがいなくなってから、もうずいぶん経ちますね。

私の心も、凍ったまま。




e0170863_20494942.jpg




庭に一輪だけ残っていた薔薇も

冬の寒さに、凍えてしまったのです。





いつの間にかやって来た冬は、庭の草花を凍らせてしまいました。




e0170863_20553396.jpg





e0170863_21134390.jpg





e0170863_20583311.jpg






e0170863_20584339.jpg



…って、これ葉牡丹じゃん!!



葉牡丹が、霜にやられて白くなっていたのでしたよ(笑)

これはこれで、綺麗でした。




e0170863_21061062.jpg





e0170863_21061785.jpg



冬が、一歩ずつやってきています。




師匠!帰ってきてくだせえ~!待ってるだぁ~!!


[PR]

by yagisan123 | 2016-11-27 21:29 | | Comments(2)

紅葉を見に行く【2】⑤(観音寺川の傍の神社 2016.11.13)


雪が降りました。初雪です。

細かい雪が空から舞い降りて、地面に落ちて溶けてゆく。

淡雪…って言うんでしょうかね。

昼には周りの田圃や山が真っ白になって、夕方には溶けていました。




紅葉の写真どうする…

と思ったけど。

まあそれはそれ、これはこれ。

積もったわけじゃないし、11月中は紅葉も良いだろうと

紅葉の写真のおまけ(?)を少々。




e0170863_23064064.jpg




観音寺川のすぐ傍に神社があって、

ここの紅葉やイチョウがきれいに色づいていました。

桜の時期は、売店があって休憩所になる所です。




e0170863_23172090.jpg





まあ、同じような写真になってしまいますが

今、葉っぱが散った木立を見ていると、紅葉ってやっぱり良いなあと思うのですよ。





e0170863_23130965.jpg






七五三で、女の子が着物を着て歩いてました。




e0170863_23221051.jpg


では。


[PR]

by yagisan123 | 2016-11-24 23:42 | 紅葉 | Comments(0)

喪中欠礼のハガキ


喪中のための、年賀状欠礼のハガキが届く季節になってきました。

今年は同級生の親が亡くなったのが、夏から秋にかけて2件続いたのでショックでした。

特に、以前PCを直してくれた友人Yとは、親とも顔見知りだったので猶更でしたね。

まあ、自分たちも50代中盤で、親もそれなりの年齢なので当然と言えば当然。

そんな、年回りになってきました。



さて、先日届いた喪中欠礼のハガキは、大曲の花火に一緒に行った友人Hからでした。

同級生の飲み会で「冥土の土産に、大曲の花火を見に行きたい」と声をかけてきたHです。

結果、この夏には車中泊前提にもかかわらず、男5人の中に女1人で参加したHです。

「冥土の土産って、どういう意味だよ~」と聞いても、はっきり答えなかったHです。



喪中欠礼のハガキには、こう書いてありました。


” 妹、Sが四月に五十一歳で永眠いたしました。 ”


そうだったのか

きっと、妹の分も楽しもうとしたんだな。




そんな、日差しの温かい穏やかな日です。





e0170863_22481160.jpg




[PR]

by yagisan123 | 2016-11-23 11:12 | ひとりごと | Comments(0)

紅葉を見に行く【2】④(観音寺川~土津神社~五色沼 2016.11.13)


地震がありましたが、

正直、たいしたことはありません。

騒ぎすぎ…かな。




さてさて、紅葉の旅。もう少し続きます。




e0170863_22360520.jpg





ここは、



e0170863_22365473.jpg



そうです、五色沼にやってきました。

土津神社から20分くらいです。

裏磐梯は、ほぼ紅葉は終わっていますが、

この毘沙門沼の紅葉は遅くまで色づいています。





e0170863_22412161.jpg






e0170863_22422857.jpg







e0170863_22423334.jpg


[PR]

by yagisan123 | 2016-11-22 22:58 | 紅葉 | Comments(0)

紅葉を見に行く【2】③(観音寺川~土津神社 2016.11.13)


そう、紅葉のじゅうたんも良いですよね。




e0170863_23083625.jpg



ここ、土津神社の紅葉たちは、京都からやってきた樹らしいです。

福島の自然の紅葉たちとはちょっと違う。風情のある樹たちです。


色づきもピークは過ぎましたが、まだ綺麗でしたよ。




e0170863_22385978.jpg




e0170863_22391891.jpg





裏磐梯の紅葉からは、10日以上遅いですかね。

11月初めでも、十分に楽しめます。さすがに二週目ともなると散り始めてますが。





e0170863_22542166.jpg






この堀の前の、枝をはっている紅葉が好きなんですが

だいぶ色あせていました。残念。




e0170863_23571858.jpg


また。

[PR]

by yagisan123 | 2016-11-20 23:28 | 紅葉 | Comments(2)

紅葉を見に行く【2】②(観音寺川~土津神社 2016.11.13)


さて、観音寺川で朝日に輝く紅葉を楽しんだ後、土津(はにつ)神社を目指す。

土津神社は、猪苗代スキー場の入り口方面です。

…って、ついいつもの道を通っていたら、これは裏磐梯へ続く道。

土津神社って、どっちだ?…何か目印はないか?

そうそう、ここから向かうと磐梯山の右側へ。

細い道を行くと、磐梯山に近づいてきました。






e0170863_22290971.jpg



そう、あの磐梯山の右側に向かって行きます。

てっぺんの少し白いのは、雪です。



土津神社に着くと、まだ紅葉は残っていましたが、ちょっと残念な感じ。

でも……




e0170863_22342757.jpg




これはこれで、別の楽しみ方が。






e0170863_22520510.jpg







e0170863_22524097.jpg








e0170863_22484014.jpg



つづく。

[PR]

by yagisan123 | 2016-11-19 22:59 | 紅葉 | Comments(2)

紅葉を見に行く【2】①(2016.11.13)


松明あかしを見たその夜、

何気にテレビを見ていたら、明日の天気予報・会津地方は「☀」マーク。

ああ、明日は用事があるんだよな、でもな…

去年見た、土津(はにつ)神社の紅葉は忘れられない。

散った紅葉でもいいから、確認しに行きたいなあ……



翌朝、6時過ぎ起床。6時半出発。

目指すは猪苗代町の土津(はにつ)神社。及び近辺の紅葉。

予算の関係で高速は使わず、一般道をひた走る。

途中、猪苗代湖&磐梯山を眺めつつ…




e0170863_23050709.jpg





猪苗代町に入ってふと思った。

春に見た、観音寺川の桜並木は綺麗だったから、

ひょっとして紅葉も良いかもしれない。


その観音寺川はまさに通り道。

川沿いに車を止めて、行ってみると……





e0170863_23114299.jpg



朝日を浴びて、紅葉が輝いていました。






e0170863_23114797.jpg




つづく。


[PR]

by yagisan123 | 2016-11-18 23:24 | 紅葉 | Comments(0)

松明あかし、見に行く?②(2016.11.12)


松明明しの由来は、

その昔、伊達政宗の兵と戦った戦死者を弔ったものらしい。

鎮魂の火祭りなんですね。


さて、その松明。

どんどん燃えていきます。





e0170863_23150521.jpg




e0170863_23195508.jpg




異様な興奮の中、炎が天を焦がし

燃え尽きた大松明が、崩れ落ちていく。

この時気が付いた、人は本能的に炎に興奮するものだと

それも大きければ大きいほどに…。




e0170863_23230364.jpg





e0170863_23242702.jpg






炎に照らされて




e0170863_23402725.jpg



紅葉も燃えていました。






e0170863_23323326.jpg




おっ、なんか「俺が守るぞ!」的な。






e0170863_23324475.jpg




燃えるお城の前で、高校生らしき人達が叫んで…いや、歌ってました。



須賀川の『松明あかし』でした。

ここから一気に冬が……って、今年は寒くならないぞ。


では。


[PR]

by yagisan123 | 2016-11-16 23:47 | 祭り | Comments(0)

松明あかし、見に行く?①(2016.11.12)



須賀川市の『松明あかし』が、この時期(11月の第二土曜)行われる。

須賀川市の公園の高台に、二十数本もの大松明が立てられ、その炎が夜空を染める。

勇壮な、日本三大火祭りの一つである。



その一週間前の友人Hとの会話。

俺「おう、来週『松明あかし』あんだけど、どうする?」

H「寒いからな~」

俺「んだなあ、寒いからやめっか」


そうなんです。この『松明あかし』の頃は、非常に寒い。

秋口ののんきな寒さではなく、本気の冬の寒さがやってくる。

まさに、ここから冬が始まると言っても過言ではない。


が、当日…思いがけない小春日和ともいうべきポカポカした天気。

こりゃ行くしかないかなと思って、友人Hに電話すると別の用事が入ったとの事。

う~ん、一人で行くか。

夕方5時過ぎに車で出発。何とか道を覚えていて、6時前には駐車場到着。

道には、大勢祭りに向かう人が歩いているので、それに付いていく。

会場近くになると、屋台が立ち並び老若男女であふれかえっている。

地元の人は本当に楽しみにしているんだよね。

高校生や中学生…もちろん子供までが、盛り上がっているのを見ると、うれしいよね。



さて、6時過ぎに会場の公園の丘に着くともう人でいっぱい。

6時半点火なので、まだ20分以上もある。

以前来たときは何年前か忘れたけど、こんなに人がいなかった…と思ったら。

よくよく考えたら、あの時は1時間も前から来て、大松明を立てるところから見ていたのだ。

人・人・人の向こうに、大松明が見える。(ライトアップしてます)





e0170863_21502796.jpg





これが、順次火を点けられていく。






e0170863_21535983.jpg




e0170863_21540543.jpg




一本ずつ、人が火を点けていきます。





e0170863_21570277.jpg




頑張れ、須賀川二中!

昨日の雨に濡れたのか、火がつきません。



おじさんが、もう一回チャレンジ。



e0170863_21582772.jpg





そして、どんどん火事に!




e0170863_22030613.jpg




夜空を焦がす。




e0170863_22033555.jpg


つづく。

[PR]

by yagisan123 | 2016-11-13 22:11 | 祭り | Comments(2)