2016年 勝手に…〇〇大賞!


2016年、ドラマ大賞。

第一位、『増版出来!』

第二位、『地味にスゴイ!校閲ガール』

お仕事ドラマ続きましたが、黒木華・石原さとみ両女優、いい仕事してましたね。

ストーリーも良かったし、何よりかにより元気な主人公達は、見ていて楽しい。



2016年、漫画大賞。

『増版出来!』。ドラマ部門とW受賞!

青年漫画誌で、女性の主人公が活躍するという最近出てきたパターン。

描いているのも女性なので、女性漫画特有の線の細さとギャグが登場したるするのだが…。

最初は慣れなくて読みづらかったが、慣れてくるとストーリーに引き込まれます。

主人公は、青年漫画誌の新人女性編集者。

ベテランの漫画家や、売れっ子漫画家などの担当をしますが

あるイベント会場で、漫画を持ち込んできた若者に出会う。

彼(中田伯)の漫画は、構成は良いし、ストーリーも面白い。下手なのは絵だけ…。

中田伯の生い立ちや、劇中劇ならぬ漫画中漫画の『ピーヴ遷移』にも惹かれます。

ハマりました。



1016年、小説大賞。

該当なし。

今年も歴史ものにハマってました。

火坂雅志の本は、

『真田三代』『天下~家康伝』『軍師の門』『黒衣の鎧』等々読んでましたが、

心が震えるまでは、いかなかったかなあ。


ところが、今月始め図書館でエライ本に出合ってしまった。

『天子蒙塵』(浅田次郎著)

タイトルと作者名を見て、ピンときた人は紛れもなく浅田次郎ファン!

浅田次郎で、この何となく中国っぽいタイトルだったら、もしかして……!!

そうなんですよ、あの『蒼穹の昴』から『中原の虹』の流れをくむ小説。

予約を待って、先日手元に届いて、読み始めたばかりです。

第一巻、序章には”漢卿(ハンチン)”と呼ばれる人物が登場する。

誰だろうと読み進めるうちに、この阿片に侵されてヨーロッパに逃亡しようとしている人物は、

あの張作霖の息子、張学良なのであった。

そして、そこから始まる物語には、岡圭之介・李春雲(春児)らが登場してきますよ。

まだ、70ページほどしか読んでいません。

わくわくドキドキ、これからどう展開していくんだろう。

『中原の虹』のように、長い長い物語になっていくんだろうか。

この、まさに年末の忙しい時期に大変なものに出会ってしまった。

もう読むしかない。



ええ、今日は大掃除をしました。

明日は、年賀状。

そうそう、明日の夕方、次男が彼女を連れてきます。

次男の彼女には何度も会ってますからね。大丈夫。

まあ、今年は色々あった年でしたね。

まだ、終わってないけど…。




e0170863_23014819.jpg

では。

[PR]

by yagisan123 | 2016-12-30 23:06 | | Comments(2)

年賀状どうする?


さて、今年も残すところ四日。

とりあえず、墨彩画1枚は日曜日に完成させて、月曜日に提出してきました。

どうもやっぱり、”やっつけ”感が強くて、書き直そうかなと思っています。

大掃除は、11月の暖かい日に軽くやったので、”もう良いかなあ”と思っていたら

「窓掃除くらいしてよね」と、鬼嫁に言われました。


さてさて、問題は年賀状。

年末ぎりぎりに書くのは毎度の事だけど、写真のネタはどうしようか?

昨年作った年賀状は、”観音寺川の桜”。

過去には、青森の”ねぶり流し灯篭”というのもありました。

今年は……

と思って、今年のブログを眺めていたら

面白いものを見つけました。






e0170863_22171576.jpg



会津、鶴ヶ城の"絵ろうそく祭り”の一コマ。

何が面白い(不思議)かと言うと。

2月中旬の会津のイベントにもかかわらず、雪がない!

数回しか行ったことはありませんが、おそらく初めての事じゃないでしょうか。

雪がないので、通常は雪に映る灯篭の明かりが地面の砂利に映って不思議な感じ。





e0170863_22171932.jpg



”犬も歩けば棒に当たる”的な。





そういえば、あのスカイラインの”霧氷”も全く予期せぬ自然現象で、びっくりしました。





e0170863_22425794.jpg






e0170863_22430309.jpg




「なんだ、これは~~!」って感じでした。




まあ、年賀状には向かないけれど…。





五色沼の、この紅葉は好き。




e0170863_22433446.jpg





e0170863_22433726.jpg





そんなこんなで、過去ログを見て本日終了。

年賀状、どうする???



[PR]

by yagisan123 | 2016-12-28 22:54 | ひとりごと | Comments(2)

あの熱いイベント


今年の出来事。

ブログ的な事で言えば…


そう、あの熱い熱いイベント

『鐵骨倶楽部』!

いろんな人のマニアックな…素晴らしい写真が見れましたね。

そして、いろんな人との繋がりが出来ました。

ta-taさんから始まって、poteさん、pureさん…

そして、お気に入り登録はしてませんが、

他10人くらいはお邪魔させてもらってます。



熱い夏でした。

企画してくれた、poteさん他、素晴らしい仲間たち

ありがとうございました。


また来年、熱い企画を楽しみにしております。






e0170863_00010053.jpg


変な写真を載せました。

霜で白くなった車のフロントガラスとワイパーです。

これって鐵骨写真?



e0170863_00030114.jpg



おお~、さむ~。

[PR]

by yagisan123 | 2016-12-27 00:10 | 想い | Comments(0)

ギフト


朝、起きたら

枕元に、クリスマスのプレゼントが置いてありました。

大事に包装された包みを開けると

魔法の国からの贈り物のような、キラキラした箱。






e0170863_09371900.jpg




”こんな綺麗な箱、この辺じゃ見たことないぞ”

しばらく眺めた後、そっと箱を開けみてる。

中には、さらに白い紙に包まれた物が

紙を剥がすと…







e0170863_09510678.jpg




クリスマスの額が。




実は、前回”ウユニ塩湖”ネタで紹介した、" pure blass "さんの、

ブログ開設5周年記念のプレゼントでした。

(物は、2週間ほど前に届いていましたよ)



まさかねえ、抽選に当たるとは…

pureさんのブログ、アクセス数は分かりませんが

コメント数から見ると、かなりの競争率と思われました。

仲良くしているブログ仲間を差し置いて、それも男なのに…

当選を引いてくれた、娘さんに感謝です。

大事にします。




さてさて、これはフランス額装という物らしいんですが

pureさん、先生に習ってやっているそうですけど

それにしたって趣味の延長…それほど期待はしてなかったんですけどね(失礼!)



この奥行のある立体感。

マットの、カット面の処理の美しさ。

(…カットした感が無いんですよ。どう処理をしているのか?)




e0170863_10174960.jpg

まさに職人技。

プロの仕事です。


ありがとうございました。

神棚に…じゃなくて部屋に飾って、眺めています。

今後とも、よろしくお願いします。



さて、仕事・仕事!



[PR]

by yagisan123 | 2016-12-24 10:44 | 行事 | Comments(4)

横文字の曲名なんて分からねえ


10月のある日、CDを借りてきた。

CDをパソコンに取り込むと、曲名が画面に表示される。



1.Michi

2.Ore No Kanojyo

3.Hanataba Wo Kimini

4.Nijikan Dake No Vacance

5.Ningyo

6.Tomodachi

7.Manatu No Tooriame

8.Kouya No Ookami

9.Boukyaku

10.Jinsei Saikou No Hi

11.Sakura Nagashi


なんだよ~、横文字ばっかりで、さっぱり分からねえ。

…と思ったら。あれれ、日本語のローマ字表記?!

ん、ナニナニ


1.道

2.俺の彼女

3.花束を君に  …おっ、朝ドラの歌。

4.2時間だけのバカンス  …椎名林檎と歌ってるやつね。

5.人魚

6.友達

7.真夏の通り雨

8.京屋のおかみ

9.忘却

10.人生最高の日

11.桜流し



『俺の彼女』とか『京屋のおかみ』とか、変わったタイトルだな。

と思って、曲を聴いていたら

あれ

『京屋のおかみ』じゃなくて

『荒野の狼』じゃん!


チャンチャン!



え~、宇多田ファンには大変失礼しました。

宇多田ヒカル、9月に発売されたアルバム『Fantome』でした。

今年のアルバム、NO.1です。

今でも、ヘビーローテーションで聴いています。





e0170863_23232963.jpg



暖かい日が続いていましたが、明日から寒くなるようです。

寒いのは苦手さ。


[PR]

by yagisan123 | 2016-12-23 23:26 | ひとりごと | Comments(0)

ぽけもん ごぉ?


今年も残すところ、あと10日をきったなんて、あまりピンとこなかったけれど

カレンダーを見たら、確かにそうで

今年一年を振り返っていかねばなるまい。



今年は、そう8月でしたかね

ポケモンGOが大流行したのは。

面白いゲームが出たもんだと思いましたよ。



で、9月の雨の降る日曜日の昼下がり

ちょっと暇だったので、ポケモンを探してみましたよ。

家の中で……






e0170863_23232235.jpg

タンスの引き出し。





e0170863_23241850.jpg

衣類ケース。






e0170863_23242265.jpg


こたつの板。



いわゆるガラケーしか持っていないので

ホントのポケモンGOはできません(笑)

子供たちが小さい頃に貼ったシールです。

小さい頃に遊んだポケモンゲームを、

そのまま大人になってやってる若者も、多いんじゃないでしょうかね。







e0170863_23322946.jpg


おっと、これは違う。




こんなのも…




e0170863_23333104.jpg



逆に、子供に泣かれました。






e0170863_23343413.jpg


地元の盆踊りのポスター。

本当は色を染めて完成ですが、落書きが入ってしまいました。




今年の流行を振り返ってみました。

…って、全然ポケモンGOじゃないし!


[PR]

by yagisan123 | 2016-12-22 23:58 | ひとりごと | Comments(2)

死ぬ前に、一度は行きたい場所。


さすがに年末になると、何かと忙しい。

仕事も忙しくなってきたし、例の試験や墨彩画や

年賀状やら、大掃除やら、飲み会やら(これは良いか)……

あまり忙しいと、どこか遠くへ逃げ出したくなる。



そんな時、時々コメントをくれる ”PURE BLISS" さんの

ブログのプロフィール写真がどこで撮ったものか、以前から気になっていたのを

思い切って聞いてみたら、なんと…!

数年前に、その映像をNHK・BSで初めて見たときから憧れていた

南米、ボリビアの『ウユニ塩湖(塩原)』だったんですね~!

日本から飛行機を乗り継いで、30時間以上。最低でも8日は必要と言われる、かの地。

行ったんだあ~。すげえ!!

行くことになった経緯・旅日記は pure さんのブログを見てもらえば分かると思いますが

兎にも角にも、実際に行ったという人に初めて会った(いやいや会ってないけど)。

2014年3月の旅日記には、そのハードな工程がリアルに綴られています。

そして、『天空の鏡』と呼ばれる、天と地に広がる一面の空の写真はもう…!!!

ホントに涙が出そうなくらい感動しました。





さて、そのウユニ塩湖(塩原)との初めての出会い、

2009年の自分のブログには、こんなこと書いていました。


『 昨日、エライものを見てしまった。・・・と言ってもテレビであるが。
昨晩ふとテレビをつけると、画面に広がる白い世界。
・・ん?なんだこれ??
右下に小さな文字。「天空の鏡」。
中央に立つ女の人。その姿が鏡のように下方に映っている。
え?・・・湖?・・・氷?
空が、そのまま下方に映っている
果てしなく広がる空間が、天も地も空だけの世界。
すげえ・・・すごすぎる・・・・・・
3千メートルを越す高地にある塩の高原(四国の半分の面積があるらしい)。
で、高低差が30cmだか50cmだかと言ってましたね。
そこに雨期で雨が降ると、雨水がススーと広がって、水深が数cmの鏡の世界。
浅いので、そこを歩けるし、風が吹いても波が立たない・・・。
果てしなく広がる、空だけの世界。
普通の大地が、島のように点在する。
いやあ、凄いねえこんな世界があるんだ!
死ぬ前に一度行ってみたいねえ。
行っても必ず見れるものでもないってトコもすごい。
最後に、星空の世界をやってましたよ。
あんなの本当に見たら、もう死んでもいいと思うかもね。』




もちろん、ウユニ塩湖の画像などは持ってるはずはないのですが、

何という偶然か、その週に本屋さんに行ったら

『奇跡の絶景』という雑誌で、ウユニ塩湖を取り上げていまして

ここは一つ、雑誌のページを使わせてください。お願いします。





e0170863_23355927.jpg


いつかきっと、ウユニ塩湖に行きます。




e0170863_23484402.jpg




e0170863_23485040.jpg

うわ~、凄すぎ…



[PR]

by yagisan123 | 2016-12-18 23:46 | 想い | Comments(4)

初体験…②


えー

先生の触診が終わって、若干首をかしげている様子。

「・・値は高いんだけど、触診は問題ないね。念のためMRIで見てみようか」

「はい」

(おお、何か本格的になってきたぞ)



日を改めて、MRI受診のために病院に行く。

受付を済ませ、1階の受診室へ。受付表を渡すと、いくつかの注意事項が…

その一つが、メガネや金属の物を外すこと。

メガネやベルト、そして指輪やヒートテックの下着なんかもダメ。

左のひじに数年前の骨折の際に、金属が入っているがこちらはOK。

受診室内の更衣室で、メガネや時計や指輪を外し、検査用着に着替えて順番を待つ。


狭い空間で、じっとしていなければならない。大丈夫か?

しばらくして名前を呼ばれる。

行ってみると、あのテレビなんかで見る、細長い機械が。

なんかカッコいいぞ。不安と期待でドキドキ。

耳栓をして、さらにヘッドホン(音を遮断するため)そしてアイマスク。

そうそう、すごい音がするらしい。

ベットに横になって、検査しない部分にはカバーをして、スタンバイOK。

スタート。

ベットが動いているのか、周りを囲む機械が動くのか分からない。

しばらくして、ドッ・ドッ・ドッ……という重低音が。

耳栓をしているので、そんなに不快感はない。

バリバリという音が、遠くから聞える。

聞いているうちに、遠くに聞える騒音が心地よくなってくる。

重低音が、ドラムの音になってリズムを刻んでくる。

幕が上がり、ドラムに歓声が混じる。

おっ、これはハウンドドックのフォルテシモ。

そして次は、レーザービームが飛び交い、エレクトリックな音楽が。

ああ、perfumeだ!


こぶしを振り上げ、ノリノリに。

(あくまで脳内イメージです、ヘッドホンからは音楽は流れていません・笑)

こんな検査なら、いつでもOK!

でも、検査料金はちょっと高い!


そんな、15分間でした。

また後日来院して、検査結果は問題なしという事でした(ホッ)






e0170863_00004270.jpg



50代の初体験②

でした。


[PR]

by yagisan123 | 2016-12-17 00:09 | 日記 | Comments(2)

初体験…


人は幾つになっても、その時その時で初めての体験をする。

若い時は、楽しいことやドキドキな初めての体験をしたりするが、

年を取ると、あまり良くない初体験をしたりする。



どうやらウチは、甲状腺癌の家系らしい…

いやいや、それで亡くなった人がいるとか、身近で入院している人がいるとかではないのですが、

高い確率で親族や親戚に、手術をした人や通院している人がいるのです。

(甲状腺とは何ぞや…ですが)


それで8月のある日、町で行っている検診を受けたら

”ナントカ値が高いので、再検査をしてください”の通知が…。

それをずっと放っておいたのですが、10月のある日

『ベトナム行く前に検査しとかなきゃヤバいかな』と

ふと思い、病院に行ったわけであります。


おしっこを採って、血液を採って調べてもらう。

順番が来て受診を受ける。先生が難しい顔をしている。

やはりナントカ値が高いらしい。

少し考えて、

「ちょっと、脱いでもらえますか」

「え?」

「下着まで脱いで、仰向けに寝て膝を抱えてもらえますか」

「あ、はい・・・」

ベルトに手をかけたあたりで、看護婦さんがさりげなく出ていく。

ベルトを緩め、下着ごと半分下げて診察台に横になって、

下着をもう少し下げてお尻を出しつつ、仰向けの状態で膝を抱える。


おもむろに先生の指が、お尻の・・・

「あっ」と思う間もなく、グリグリっと。

「おっ」と声が。

ちょっと痛かった。

ちょっと涙が出た。

50過ぎの初体験。




e0170863_22575384.jpg




つづく。

[PR]

by yagisan123 | 2016-12-13 23:07 | 日記 | Comments(2)

やるしかない!②


さて、例の資格試験の話しを少し。

正式名称は、こんな感じですかね。

・『2級夫人子供服製造(夫人子供服縫製作業)』

・内容的には、試験時間4時間30分で、前明き(開き?)ワンピース2着を製作する。


う~ん、そりゃあ縫製会社勤務なので、一度や二度はミシンに触ったことはありますけどね

おっと失礼、受験資格は縫製作業の実務経験1年以上(たぶん)。

もちろん、実務経験ありますよ。ただ忘れてしまっただけです。


さて、11月のある日、受験者全員が集められ、ミシンの講習会。

ミシンには、「本縫いミシン」と「ロックミシン」があります。

本縫いは、点点点…とミシン針がまっすぐ行くヤツですね。

ロックミシンは、グォーと頑張ったジグザグで行くヤツです。


縫製の練習シートというのがあって、

直線や、直線+曲線などがプリントされたシートで縫いの練習です。

直線を調子に乗って行くと、カーブが曲がり切れず脱線。(難しい…)


おっと、その前に”ほつれ止め”ね。

本縫いミシンは、針が戻る(ん?生地の送りが逆になる?)機構があって

縫い始めと縫い終わりに、3針ほど逆行させて”ほつれ止め”なるのもを行うのです。


う~ん、分かる人は初歩の初歩だろうし、分からない人は ??? だろうね。


そうそう、ミシンのパーツの説明や、糸の通し方の練習。

糸の流れは、隣のミシンを覗きながら何となく分かった。

そして、針に糸を通す!

糸をぴんと真直ぐにして、針穴に通す…あれ?

糸をぴんと真直ぐにして、針穴に通す…おや?

糸の先をカットして、針穴に通す…なぜ?


乱視と老眼が合体してしまった目は針穴に焦点を合わせることが出来ず

糸が、あらゆる方向に逃げていく。

いかん、心の目で見るんだ!

目をつぶったら、見えるはずもなく。

まるで初めての・・・のように、針穴が逃げていく。

焦るな落ち着け。

深呼吸して…す~、は~、す~、は~

すー   と、通った!


この間、およそ10分。

前途多難……




e0170863_21302168.jpg

[PR]

by yagisan123 | 2016-12-09 21:47 | 仕事 | Comments(4)