京都へ26(伏見10)2017.GW



さてさて、

伏見の川沿いを歩く。

小さな神社があったので、寄っていく。






e0170863_22065147.jpg






こんな小さな神社でも、そこはかとない風情が。

小さな広場で二胡の演奏をしていましたよ。

さり気なく、文化の香りがします。




そしてまた、川沿いに戻ると

桜の青葉の向こうに船影が。






e0170863_22142187.jpg






おっ、これこれ

この景色が見たかった。






e0170863_22135083.jpg





十石船が、川面の向こうで待っていました。

はあ~、春は綺麗だろうねえ。



[PR]

# by yagisan123 | 2017-08-10 22:26 | 京都 | Comments(2)

京都へ25(伏見9)2017.GW


さて、

お昼ご飯を食べて、寺田屋に行って、

酒蔵も見学したし……次はどうしようかF君。

そうそう、ガイドブックに十石船がどうのと書いてあったよ。

とりあえず川を目指して歩こう。





おっ、




e0170863_22522329.jpg






京都のバイクは、お洒落!

…じゃなくて。川を探そう。






e0170863_22523548.jpg





川に行きついたけど、どうにも地味。

船もあったけど、イメージと違う。

いや、違う。川沿いに柳の木と酒蔵がどうのと書いてあったはずだ。

酒蔵は、どっちだ?

地図を見ながら、酒蔵のある方向へ川沿いを歩いて行くと。




おお~、これだあ~!






e0170863_22571824.jpg





良いじゃないですか!

酒蔵が渋い。新緑も良い感じ。






e0170863_22572276.jpg




もうちょっと、つづく。

[PR]

# by yagisan123 | 2017-08-08 23:26 | 京都 | Comments(0)

京都へ24(伏見8)2017.GW


寺田屋に行く前に、

伏見の街に入ってすぐ食事の店探し。

以前、祇園周辺でどこも満杯でえらい目にあったからね。




e0170863_23055662.jpg





古い酒蔵の板壁が続く通りを歩いていると

良い感じのお店『鳥せい』を発見。

まだ11時半にもならないのに、店の中には待っているお客さんが一杯。

大丈夫、大丈夫。時間に余裕がある。

待ち時間4~50分くらいらしいので、予約に名前を書いて酒蔵見学。



通りを歩きながら、街並みを撮っていると




e0170863_23123547.jpg




ん?

おじさんと女子高生が…?





e0170863_23153191.jpg




ええええ!!!!

これって、まずいんじゃない!!!!





e0170863_23153679.jpg




なんだよ~。撮影かよ~!

びっくりさせるなよ~!!





”鳥せい”の、とりめし定食美味しゅうございました。

竜馬に会いに来て、鳥を食べるのも何かの縁かと。




e0170863_23255167.jpg




店の天井だけ…。




も少し、続きます。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-08-06 23:34 | 京都 | Comments(8)

京都へ23(伏見7)2017.GW


こういうのってきっと、年齢によるものもあると思う。

最近は、「家康も良いヤツじゃん」などと言い始めたオイラも

20代の頃は、司馬遼太郎にハマりまくりで

江戸幕府を作った家康なんぞは憎むべき対象以外の何物でもない。

では、誰を崇拝していたか?

そうです、坂本竜馬です。

改革とか革命とか、20代にかかる麻疹みたいなもんですね。

腐敗した政府をひっくり返す、幕末の雄。

追い詰められた状況でも、ひたすら明るくて前向き。

『竜馬がゆく』を何度読んだことか。

新しく単行本が出た際には、また新たに買ったほどです。



昨年、竜馬襲撃の地の近江屋跡地を訪ねて

そしてやっと今回、京都・伏見の……そう、寺田屋へ。

入浴中だったお竜さんが新選組がやって来たのに気づき、

裸のままで、竜馬に襲撃を伝えたという寺田屋です。

まさに歴史の舞台。青春の1ページ。

さて、寺田屋。





e0170863_22120193.jpg




あれ、意外に小さい。

ドラマや芝居で、大きなセットで演技したりしているのを見ているせいでしょうね。

勝手にイメージが出来上がってました。

お竜が駆け上った階段も…





e0170863_22253530.jpg





…以外に普通。


竜馬や中岡慎太郎が会合に使ったと思われる部屋も、意外に普通。

いやまあそうだよね。

その後も旅籠として使われ、現在も宿泊が可能なんだからね。

幕末の志士のオーラを感じようなんて無理な話。

観光客も一杯だったしね。



いやそうじゃない。

オイラが汚れちまった大人になってしまったからかもしれない。

家康にうつつを抜かし、つまらない社会に迎合しているオイラには

その魂は感じられなくなってしまったのかもしれない……うう。





e0170863_22435462.jpg




竜馬とお竜の寺田屋。

やっと、念願を果たしました。



もう少し、つづく。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-08-03 22:55 | 京都 | Comments(8)

京都へ22(伏見6)2017.GW



京都・伏見の

古い建物の窓を、

じっと眺めていたら





e0170863_22024128.jpg





何やら、人の顔に見えてきた。






e0170863_22014189.jpg





うわっ!目玉のお化け!






e0170863_22014508.jpg





一つ目小僧。




京都の旅、もう少し続きます。

[PR]

# by yagisan123 | 2017-08-01 22:17 | 京都 | Comments(0)

梅干し



曇り時々雨の予報の日曜日。

出かけるにも、今一つ気分が盛り上がらない。

午前中、ちょっとだけ畑仕事を手伝って

帰ってきたら、予想外の晴れ間が出てきた。

ちょっと手伝えと言われて、ビニールハウスに避難していた梅干しを出して並べる。

梅干し……




そう、6月の終わりにウチにやって来た梅の実たち





e0170863_23210987.jpg





それが梅雨の合間に干されて、

干されて…

こんなになっちゃいました。






e0170863_23215071.jpg





毎年恒例の、ばあちゃん(母)の仕事です。

この技を受け継ぐのは、誰か?



[PR]

# by yagisan123 | 2017-07-30 23:32 | 行事 | Comments(1)

『 君の名は。』入荷しました。











三月のある日。

ようやく映画館へ足を運んだ。

よかった、まだ上映していた。

意外と人が入っていて、中間あたりの右寄りに座る。

本編上映前に、他の映画のCMが始まると

ハリウッド仕込みの、ドンドン・ガンガンの重低音が鳴り響く。

うるさい。やっぱり後ろの方の席がよかったなあ、と思いつつ我慢。


本編が始まると一瞬にして静寂の世界。

夜空を流れ落ちる、幾つもの流れ星。

宇宙から、雲間を破って大地に降り注いでいく。

ああ、綺麗だなあと思っていたら映画に引き込まれた。

居心地の良い世界。方言もやさしい。

その居心地の良い世界が壊れるのは…


とにかく画面が綺麗。

田舎の自然のシーンは当然としても、

都会のシーンもすごくきれい。

車が流れる何気ないシーンや、ビルの夜景。

雨や雪の景色も、都会のビルの中で見事に輝いている。


良い映画だと思った。

ラストが……

良かった。


レンタル、開始しました。(CMかよ!)


[PR]

# by yagisan123 | 2017-07-28 23:28 | 映画 | Comments(2)

蓮を撮りに行く②(三春町法蔵寺~ 2017.7.23)


どうも疲れ気味。

うなぎも食べたけど、酒も飲んじゃったから

二日酔い気味……か?




さてさて、地元三春町の法蔵寺。






e0170863_22045557.jpg






e0170863_22184324.jpg







蓮が有名なお寺(地元では)ですが、

墓地の周りには、紫陽花や桔梗

そして…






e0170863_22190097.jpg





ヤマユリなんかも咲いていましたよ。






e0170863_22283782.jpg






さすがに紫陽花は旬を過ぎていましたが、

帰り道の田圃のあぜ道で、紫陽花をパチリ。






e0170863_22284537.jpg


[PR]

# by yagisan123 | 2017-07-26 22:45 | | Comments(0)