どんより曇りの週末③(2017.4.9)


忙しくて、死にそう…

こんな会社、辞めてやる~!!




さて、そうそう先週の日曜日。

どんより曇って、午前中は雨が降ったり。

でも午後からは少し明るくなり、庭の花なんぞを撮っていましたが……



実は福島県、縦にも横にも広くて、浜の方では桜が開花しており、

そしてこちらより北なのに、福島市での開花の報道がありました。

ずっと北なのに…悔しい。

イメージで言うと、2週間くらい早い。

そして1週間して郡山。さらに1週間後にこちら(田村市)って感じ。

郡山と、田村市の中間に滝桜(三春町)。




で、庭でうだうだしていたら、北の空(福島市方向)に青空が見えた気がした。

ひょっとして、晴れ間が出てくるんじゃね?

居ても立ってもいられず、福島市へGO~!

およそ1時間の道のり。

ああでも、厚い雲は空を覆ったまま。

適当に駐車場に車を止めて歩き始めると…



「!」



駐車場の傍に、普通に桜が咲いていた。






e0170863_21133834.jpg




いや~~、曇っていても全然OK~!

花曇りなんて言葉もあるし。






e0170863_21134313.jpg





今年初めても桜が普通に目の前にありました。

すごいぞ。福島市!






e0170863_21272441.jpg





土筆も何だか、春めいていました。

[PR]

# by yagisan123 | 2017-04-14 21:36 | | Comments(0)

どんより曇りの週末②




午前中、雨が降っていた日曜日。

雨も止んで、少し明るさが出てきた。

全国的に桜の開花のニュースは聞えてくるけれど

この辺は、やっと梅が咲いた状況。

曇り空に”梅”はないなあ。





また、庭先で…







e0170863_23262012.jpg






e0170863_23265202.jpg



花の名前は、分かりません。

かろうじて、こんな花が咲いていました。



つづく。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-04-11 23:38 | | Comments(4)

どんより曇りの週末


昨日、土曜日はタイヤ交換や親戚に行ったりして一日が終わる。

いつもは、お彼岸が過ぎたらタイヤ交換をしているのだが

今年は、お彼岸過ぎに雪が降ったりして、タイヤ交換のタイミングが遅れ

いつもお願いしている、トヨタの店では一週間予約がいっぱいで

別の店で、1時間待って交換してもらった。

親戚の家に行っても、留守で出直したり。何かとタイミングが合わない一日。

天気も、どんより曇り。




土曜日のうちに、近くの農家に機械で畑を耕してもらって、日曜日はジャガイモの種を植える。

朝から曇りで、小雨が降る天気予報だったのを甘く見て、薄いジャンバーを着ていったら

朝の8時から始めて、1時間もしないうちに降り始め、たいした降りではないのだけれど

しばらくすると、ジャンパーから雨がしみ込んできて…。頭も濡れてくるし…

空が明るいので、すぐに止むのかと思いつついつまで経っても止まず

”止まない雨はない”なんて、言葉では簡単に口にできるけれど

こんなに何時までも降っていると、永遠に濡れていなければならないのかと思ってしまう。

テンポを上げて、2時間くらいで作業を終えて撤収。

本日の作業は、これで終わり。


それにしても、この天気。

しばらくして雨は止んだけど、空には厚い雲。

会社員にとっては、週末しか出かける機会がないからね。

天気が良くなることを祈りつつ……




e0170863_23273661.jpg


つづく

[PR]

# by yagisan123 | 2017-04-09 23:30 | 晴耕雨読への道 | Comments(2)

「ひよっこ」!


相変わらず、忙しい日々を過ごしている。

明日の土曜日、休日出勤の予定だったが、会社の電気工事のため休日出勤がなしに!

週明けの地獄が予想されるが、まあ良いや。

休みを謳歌しようと休日の天気予報を見たが、あいにくの曇り、または雨の予報。

う~ん、うまくいかない。




撮りだめした、朝ドラ「ひよっこ」の録画を見る。

有村架純の元気溌剌な感じ、良いねえ。おでこも良いねえ。茨城弁訛ってるねえ。

朝ドラの王道を行ってるねえ。

久々の、青春ものの予感。

昭和と平成が合体したような、桑田佳祐のオープニング曲も最高。

第三話での、なつばっぱ登場はじぇじぇじぇ!!

「あまちゃん」「まれ」以来、久々に、朝ドラにハマりそうです。




缶チューハイ、1本で酔ってます。

さて、明日はどうしよう。(畑作業もまだです)





e0170863_23311565.jpg


唯一咲いていた、庭のクロッカス。

今週は、どんな花が咲くかな。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-04-07 23:40 | ドラマ | Comments(0)

穴を掘る


先日、畑の隅に穴を掘った。

一つは、三角の小さい方の畑の隅に、直径1.5mくらいで、深さ1mくらいの穴。

もう一つは、ちょっと大きめの畑の隅に、縦1.5m×横2mくらいで、深さ1mくらいの穴。

夏に収穫したキャベツやその他諸々の根や、ハコベなどの雑草を畑から取り除いてこの穴に埋めて

そのうえで、畑をトラクターで耕すのだ。


直径1.5mの穴…

もちろんスコップ1本で掘るのだが、畑なので土が柔らかくこの程度ならまあまあ楽勝。

一仕事終わった感でいたら、「向こうの畑も」と。

そうそう向こうの畑もあった。1年ぶりなのですっかり忘れている。

向こうの少し大きめの畑に行って、父が畑の隅に「これくらい」と穴の大きさの線を引く。

縦に1.5mくらい、横に2mくらい…いや、もう少し大きいか。

深さは、スコップの取っ手より下くらい。

うむむ……、こんなに大きかったっけ?

しかたがない、やるしかない。

最初のうちは、土が柔らかいので楽勝だが、掘り進むにしたがって段々と固くなってくる。

ザクッと土にスコップを突き刺して、土を掘りあげていく。

単純なこの作業の繰り返し。疲れてくると休みながら作業する。

重機なんかで掘れば、あっという間だろうけど、もちろんそんな重機は身近にない。

コンピュータでプログラムして、エンターを押すとあとは自動で…なんて言うソフトもない。

ただ、淡々と掘り続ける。

戦後のどさくさで、シベリアに抑留された人たちは、こんな作業を生死の境まで繰り返していたのかと思う。

急に、ロシアが憎くなってきた。

畑の向こう側で休んでいる、父も憎たらしくなってきた(腰が痛くて休んでいるんですけどね)。


ふと、思った。

この穴って、人を埋めるのにちょうど良い大きさじゃね?

人が横たわった大きさと、ちょうど同じ。

いやでも、畑だからまだこんなに掘れるけど、普通の地面なら掘るの大変だなあ。

殺人を犯して、死体を隠すために穴を掘る人の大変さを思う。

穴を掘るのが大変で、中途半端に浅く掘って、死体が発見されたりするんだろうなと、ふと思った。



まあまあ、そんなこんなの春に向けての準備でした。

畑を耕して、種をまいて、なんやかんやして、夏には収穫されるのですな。







e0170863_10010952.jpg



ああ、ごめんなさい。スイカは作っていません…

この畑は、ジャガイモとカボチャです。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-04-01 10:06 | 晴耕雨読への道 | Comments(2)

お見舞い



先週、癌で寝たきりになってしまった叔母さんのお見舞いに行ってきた。

病院に入院していられる期間が過ぎて、新しく病院に入れるまで

福島市内の娘の家で、叔父さんがこちらから行って、娘たち家族共々看護をしている。


体が不自由になってしまったが、頭ははっきりしているので

「せっかく来てくれたのに、お茶も出せないで…」と泣かれてしまった。

「いやいや、そんなことはいいんだ。後で饅頭でもごちそうになっから」と父が、叔母さんの手を握る。


叔父さんも疲れている様子で

後で、お茶を飲みながら「トイレが大変なんだよな…」と話す。

娘(従妹)も、3月で仕事を辞めて看護に専念する様子。

無理をして、体を壊さないようにと叔父さんを心配しながら帰ってきた。




e0170863_09591164.jpg


50代・60代は、

縁を見守ったり、行く人を見守ったり

微妙な年ごろ。


春は、もう少し。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-27 00:05 | 日記 | Comments(0)

卒業…旅立ち。


こみ上げる寂しさに問いかけたのは

足早に過ぎた時の流れ


…いやいや、自分が卒業する訳じゃないですから。



三男坊が、今日卒業しました。

そして明日、東京へと旅立ち。


地元、会津の大学だったので

大学に行くのに旅立った時は、それほど感じなかったけれど

う~ん、ちょっと寂しい。

当人は結構、気にしてないんだよね。

もともと、一人暮らししてたし。





e0170863_22542616.jpg


まあ……

頑張れ。

[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-21 23:01 | 節目 | Comments(0)

春なのに…


忙しい。忙しい。忙しい…

先週(ん、先々週?)で山を登り切って、安心して結婚式に行ったはずなのに、

週が明けたら、また大きな山があった。

それも、さらに大きい……


と言うわけで、仕事一筋に生きていました。

週の中頃に、雪の朝を迎えたのに、はしゃぐことなく

会社への道を急いでいました。

カメラ小僧失格。

こんな時こそ、1時間早く起きてカメラを抱えて走りまわるべきだったかと、後悔。


明日(20日)の春分の日は出勤。

なので、本日墓参りに行ってきた。

何か春らしいものはないかと、カメラを抱えて行くも

梅はまだ固いつぼみで、何も春らしいものは見つからず

ビニールハウスにうつる影が、ちょっと春の日差しぽかったかなと。






e0170863_20330412.jpg







春なのに、残業ですか

春なのに、涙がこぼれます

春なのに…

春なのに…



もう少し、仕事頑張りましゅ。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-03-19 20:45 | ひとりごと | Comments(0)