こたつ


最近の生活パターンは

夜7時半~8時の間に帰って来て、食事をして

居間で新聞・テレビ・じいちゃんばあちゃんと話をして

自分の(占領している)部屋に入って

暖房入れて、こたつのスイッチを入れて、テレビをつける……

どんな面白い番組がやっていようと、こたつに入って体が温まると

ものの30分で眠りに落ちる。

変な時間に寝て、変な時間に起きて、風呂に入ってちゃんと布団で寝ると

なんか寝つきが悪い(一度寝てるからね)。



”こたつには魔物が住んでいる”

やばいこの生活習慣を改めようと思う。

作戦的には、簡単である。

魔物のいる”こたつ”に入らなければいい。

と言うわけで、今日はこたつに入っていない。

なので中途半端に寝ていない。

この時間に、風呂に入って寝るとGOOD!かも。


では、おやすみなさい。




e0170863_22453673.jpg


秋田犬…か?

[PR]

# by yagisan123 | 2017-01-18 22:52 | ひとりごと | Comments(2)

やるしかない④


1月15日。


洗濯、自宅周りの雪かき、図書館等…用事を済ませてから、

雪の降る中、会社に行ってミシンの練習。

覚えられない、細かい部分が見えない、手先が思うように動かないの三重苦の中

自分を励まして練習に励む。

本日は、ほぼ自主練なので自分のペースでやっていたが

それでも、2度習ってメモまで取っているのに、間違えてしまう残念さ。



先生がいると、なお厳しい。

次に何をやるか思い出せず、いちいち聞きながらやっていると

さすがに温厚な先生にも角が生えてくる。

目の前で指導されても、思うように手先が動かないもどかしさ。

じっと見ていられると、なおさら焦って上手くできない。

上手くできないと、自信がなくなってつまらないミスをする悪循環。

襟のパーツを失くしてしまったのは、ショックだった。

正直言って、辛いっす。

負けるな、俺。



止まない雪はない。

(…ん?使い方間違っているか?)





e0170863_22580403.jpg



1月22日、学科試験。

2月5日、実技試験。


道のりは、まだまだ厳しい。


※1月14日の滝桜。今日はもっと雪があるはずです。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-01-15 23:08 | 仕事 | Comments(0)

やるしかない!③

1月11日

裏地
ダーツ印付け
ダーツ縫い(つまんで折って)

裏地縫い合わせ(幅1cm)
後ろ→脇→肩→肩→脇  角を合わせ縫う→ノッチ合わせて縫う

同じところカラロック

アイロン
ダーツアイロン(脇に向けて倒す)
カラロック部分アイロン(中に向け)

裾の1㎝アイロン
1.5㎝折って縫う




e0170863_23120844.jpg




とりあえず、頑張っています。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-01-11 23:14 | 仕事 | Comments(2)

続 ”紅白”……やるしかねえ②


さてさて、土曜日の仕事中

”紅白”ネタの続きで、

”タモリ・マツコ迷走”と”ゴジラ”ネタが続いて、何となくグダグダ感があったのは

ひょっとして、SMAPが出場を断った為に、その時間の穴埋めのために急きょ企画されたのでは…と思い。

ゴジラはシナリオもちゃんと出来ていたから、急きょ企画されたのは”タモリ・マツコ”の方か…

であれば、『スマスマ』の最終回にも出演したタモリが、SMAP出演辞退の穴埋めに出るなんて、良い話しじゃないか!

などと思いながら呑気に仕事をしていたら、

”ミシンの試験を受ける者は、仕事終了後事務室に集まれ”とのアナウンスが。



何だろう、何か連絡事項か?と思いつつ、時間になって事務所に集合すると

専務が苦い顔をして待っている。

皆が集まると開口一番。

「もし、試験を受けたくないと思っているものは、手を挙げてくれ。
 強制してやらせているわけじゃないんだから。無理だと思うなら試験を受けなくても構わない」
 
そう、あの”婦人・子供服の縫製2級試験”の件ですが

頑張っている者は、毎日練習して尚且つ正月休みを返上して練習していましたが

ワタクシのように、日ごろは残業があって練習できず

休日も、何やら用事があって(絵を描いていたんですけどね)練習できなかった者もいて

その、練習してない連中が”お前たちどうするんだよ!”と檄をとばされたわけです。

”いや~、忙しかったんです”と言い訳したい気持ちも山々でしたが

上記の専務の言葉、”会社のいう事が聞けないなら、辞めてもらってもいいんだよ”

と暗に言ってるんですねえ。怖いですねえ。

ついつい、手を挙げてしまったら、明日から自分の机が無くなっていたかもしれません。



で、今日(日曜日)は、本当は絵を描きたかったんですけど

会社に行って、ミシンの練習をしてきました。

教えてくれる人たちも、無報酬で来てくれてるんですね。感謝。

試験は時間内にワンピースを2着仕上げるというモノですが

実はまだ、練習で1着も仕上げていません。

工程の4分の1くらいしかやってなかったのですが、

今日、3時までやって4分の3くらいまでいきました。(完成したかった)

まあ、今のところ教えてもらった事をそのままやっているだけですが。

仕事の方も山を越えたので、これから頑張りたいと思います。

次の日曜日も出ますよ。


ああ、絵の方はどうする……




e0170863_22464859.jpg

頑張れ、俺。

[PR]

# by yagisan123 | 2017-01-08 22:58 | 仕事 | Comments(0)

”紅白”、良かったと思います。


さてさて、今日から仕事始め。

休み時間に、ネットのニュースを見てたら、どうも”紅白”の評判が悪いみたい。

まあ、色々詰め込みすぎてた印象はあったよね。

マツコとタモリのウロウロしてたのは面白かったけど、ゴジラはいらなかったかなあ。

でも、久々に真面目に見てたけど楽しめましたよ。面白かったと思います。


正月の飲み会の時も、”紅白”の話しが出ました。

話しのヤリ玉に上がったのは、司会の相葉くん。

「何で、翔くんじゃなくて相葉くんなの?」

という意見が、嵐ファンの奥様からありましたね。

ごもっともです。翔くん、他番組でもMCをソツなくこなしていますからね。

「ダンスも下手だし…」

そこ、関係ある??

「しどろもどろになっていたし…」

そうかあ、あまり気ならなかったけど。

聞いたら、言ってる当人達自身”紅白”よく観てなかったみたいだけどね。


結果、4対1で相葉くんNGとなってしまいましたが、

逆に相葉くんのどこが良かったか聞かれて、こう答えましたよ。

「相葉くんの持ってる雰囲気が、”紅白”の緊張ガチガチの感じを取り払ってくれた。

 何だかリラックスして楽しめる空気にしてくれた。…と思う」

自分でも、”紅白”をきっちり見てたのは久しぶりですけど、

以前の、綾瀬はるかみたいな空気感があったような気がしますけどね。

特に相葉ファンではなかったけど、相葉くんの存在を見直しました。

飲み会では少数派でしたが、相葉くんは良かったと思います。


さて、もう一人の司会者、有村架純ちゃん。

紅白の中でも少し話していましたが、

そう、知っていますよ、彼女が兵庫県出身だという事を。

思い起こせば、2013年(…だったと思う)。

岩手県の久慈海岸を舞台にした、NHKの朝ドラ「あまちゃん」。

楽しい、元気の出るドラマでした。

彼女は、小泉今日子の娘時代の役でしたね。

そして主役の能年玲奈も兵庫県出身。

そしてそして、その年優勝した楽天イーグルスの星野監督は岡山県出身(おしい!隣県)。

ピッチャーの田中将大は兵庫県出身なのでした。

ドラマで、野球で、暗くなりがちな東北を盛り上げてくれました。


ホントにホントに、その節はありがとうございました。

東北人の一人として、改めてお礼申し上げます。

兵庫県には足を向けて寝れないのですよ。




e0170863_23294584.jpg


…話が意外な方向に行ってしまいましたが。


では。

[PR]

# by yagisan123 | 2017-01-05 23:46 | 想い | Comments(2)

夫婦獅子舞なのだ。


さてさて、年末・正月は、

次男・三男と次男の彼女まで来て、盆と正月が一緒に来たような賑やかさだったが

子供たちが、それぞれに行ってしまうと、またいつもの暮らし。


正月、三日は裏の神社に獅子舞がやってきます。

去年暮れから、神社の世話役というポジションに就いたので、

今年から、ギャラリーではなく迎える立場になってしまいました。

とは言え、世話役1年生なので、言われたことをやるだけですけど…。

神社の中と周りの掃除。しめ縄の幣束の準備。お供え、お神酒の準備など。





e0170863_23302687.jpg





e0170863_23303044.jpg



8時半に集合して準備をして、9時半にやってくる獅子舞を待ちます。

5分前頃になると、遠くから太鼓のお囃子が聞えます。

間もなく、神主さんを先頭に獅子舞が神社の坂を登ってきます。




e0170863_23364345.jpg





神主さんの祝詞が始まり、一同拝んでもらってから、獅子舞が始まる…





e0170863_23372140.jpg



そうなんです。

今回は、神社の中から撮っています。

このアングルからは初めてです。




e0170863_23372421.jpg



さり気なくカメラを構えて、さり気なく撮っています。

ああ、手前のジャランジャラン(?)の紐が邪魔!?





e0170863_23373468.jpg




ああ、ピントが手前の供物に合っている…


ゴメンなさい神さま、神社の中で勝手なことをして…。

ちゃんと拝んできたので許してくれると思います。


夫婦の獅子舞は珍しいらしいですよ。

と言っても、自分はこの獅子舞しか知りませんけどね。




e0170863_23523136.jpg




獅子に頭をかじられると、頭が良くなります!


では。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-01-03 23:59 | 行事 | Comments(2)

2017年。明けましておめでとうございます。


さて、新年明けてしまいましたねえ…

おめでとうございます。

2016年を振り返る間もなく、年が明けてしまいました。

あんなことや、こんなことを書いておこうと思っていたのに…(涙)。

いやでも、年が明けたって前年の事書いちゃえばいいか。


さてさて、昨日大晦日は午前中台所の片づけ(実はリフォーム途中)

午後から三男の買い物に付き合って、帰ってきたら次男が彼女と来ていた。

そう、次男は家から通える距離(車で40分程度)に就職したものの

いつの間にか、友人のアパート(勤務先の近く)でお世話になることが度々あり

気が付いたら、友人というのは彼女で、家に帰るのが月一度レベルになっていた。

…という曰く付きのヤツですが、彼女はかわいいのですよ。


で、大晦日の食事の準備を、前日にヨメサン(仕事です)がしていったのを

次男と彼女が仕上げて、一緒に食卓を囲むといった感じで

何時の間にか、すっかり家族となじんでしまってましたよ。

で、ワタクシが使っていた部屋(テレビ・こたつ・PCありのノンビリ空間)を

一時的に貸したつもりが、紅白終わりまで占領され

お父さん(ワタクシ)は、年賀状を作ることも、ブログを覗くこともできず

お酒を飲みながら、じいちゃん・ばあちゃんと紅白を見ていました。

次男たちは、紅白後の夜中に初詣に行って、そのまま自分の部屋にお泊り。

三男は、離れで同級生たちと集まって新年を迎えてました。

ちなみに、長男は仕事で帰省せず。


今日、元日は朝から年賀状作成。

一気に、プリント&あて名書き&コメント入れして、70枚ほどを郵便ポストへ。

まあ、”やれば出来るんだから早くやれよ”と、天の声が聞えてきますが

ギリギリにならないとやらない悪い性分を、2017年直していきたいと思います。




さて、今年の年賀状は福島っぽく”大内宿”にしました。



e0170863_17355081.jpg






そして、親しい”男”の友人には




e0170863_17355874.jpg





えへへ…トリミングして、会津まつり・藩侯行列の時の彼女です!




改めまして、ブログを見てくれている皆さん

”今年もよろしくお願いします”


おっと、これから同級生と新年会です。

ではでは。


[PR]

# by yagisan123 | 2017-01-01 18:01 | 節目 | Comments(0)

2016年 勝手に…〇〇大賞!


2016年、ドラマ大賞。

第一位、『増版出来!』

第二位、『地味にスゴイ!校閲ガール』

お仕事ドラマ続きましたが、黒木華・石原さとみ両女優、いい仕事してましたね。

ストーリーも良かったし、何よりかにより元気な主人公達は、見ていて楽しい。



2016年、漫画大賞。

『増版出来!』。ドラマ部門とW受賞!

青年漫画誌で、女性の主人公が活躍するという最近出てきたパターン。

描いているのも女性なので、女性漫画特有の線の細さとギャグが登場したるするのだが…。

最初は慣れなくて読みづらかったが、慣れてくるとストーリーに引き込まれます。

主人公は、青年漫画誌の新人女性編集者。

ベテランの漫画家や、売れっ子漫画家などの担当をしますが

あるイベント会場で、漫画を持ち込んできた若者に出会う。

彼(中田伯)の漫画は、構成は良いし、ストーリーも面白い。下手なのは絵だけ…。

中田伯の生い立ちや、劇中劇ならぬ漫画中漫画の『ピーヴ遷移』にも惹かれます。

ハマりました。



1016年、小説大賞。

該当なし。

今年も歴史ものにハマってました。

火坂雅志の本は、

『真田三代』『天下~家康伝』『軍師の門』『黒衣の鎧』等々読んでましたが、

心が震えるまでは、いかなかったかなあ。


ところが、今月始め図書館でエライ本に出合ってしまった。

『天子蒙塵』(浅田次郎著)

タイトルと作者名を見て、ピンときた人は紛れもなく浅田次郎ファン!

浅田次郎で、この何となく中国っぽいタイトルだったら、もしかして……!!

そうなんですよ、あの『蒼穹の昴』から『中原の虹』の流れをくむ小説。

予約を待って、先日手元に届いて、読み始めたばかりです。

第一巻、序章には”漢卿(ハンチン)”と呼ばれる人物が登場する。

誰だろうと読み進めるうちに、この阿片に侵されてヨーロッパに逃亡しようとしている人物は、

あの張作霖の息子、張学良なのであった。

そして、そこから始まる物語には、岡圭之介・李春雲(春児)らが登場してきますよ。

まだ、70ページほどしか読んでいません。

わくわくドキドキ、これからどう展開していくんだろう。

『中原の虹』のように、長い長い物語になっていくんだろうか。

この、まさに年末の忙しい時期に大変なものに出会ってしまった。

もう読むしかない。



ええ、今日は大掃除をしました。

明日は、年賀状。

そうそう、明日の夕方、次男が彼女を連れてきます。

次男の彼女には何度も会ってますからね。大丈夫。

まあ、今年は色々あった年でしたね。

まだ、終わってないけど…。




e0170863_23014819.jpg

では。

[PR]

# by yagisan123 | 2016-12-30 23:06 | | Comments(2)