人気ブログランキング |

反省・・・福島市の花火大会(2018.7.29)


毎回毎回、失敗を次に生かせていない自分がいる。

花火の写真である。


今回も何も考えず、行ってしまった福島市の花火大会。

土曜日開催であったのが、台風の影響で日曜日に順延となり

夜は特に用事もないので、ついつい行ってしまった。

福島市の花火は初めてなので、出発間際に詳細を確認。

とりあえず、カメラと三脚とジュースとおにぎりを持って出発。

1時間半ほどで、到着。正式な駐車場はあるが、まあ適当に駐車。

さて、どこで撮ろうか?

最初、河原でスタンバイしていたが、遠そうなので信夫ヶ丘球場に移動。

人は多かったが、意外にパラリとしているので、邪魔にならない所に三脚を立ててスタンバイ。

ああ、ブルーシートを忘れた。組み立ての椅子は車に積んであるのに。

あれ、カメラの設定はどうすんだっけ?

え?あれ?・・・とりあえずフラッシュを焚かないようにだけしよう。

花火開始直前にパニック。

花火が始まって、撮った写真はなぜか白っぽくなってる。

あれ?あれ?




まあでも、数打ちゃあどれかは当たる。

100枚ほど撮って、まともなのは数枚。





e0170863_22574702.jpg





で、これがどこの花火かという特徴もなく






e0170863_22525112.jpg






ごくごく、当たり前の花火の写真になってしまいましたが






e0170863_22530552.jpg





ま・・・まあ、自分としてはこれでオンの字としましょう。

次回はちゃんと勉強して、花火にチャレンジするのだ。

by yagisan123 | 2018-07-31 23:08 | 花火 | Comments(2)

会津田島の祇園祭(22日例祭)④ 2018.7.22


会津田島の祇園祭(22日の例祭)。

太鼓演奏の後は、1時から子供歌舞伎ですが、

時間があるので、すぐそばの食堂で食事。

会津ラーメン、美味しゅうございました。

さて、遅れ気味に歌舞伎の屋台の前に行くと、子供歌舞伎が始まっていました。

パンフレットによると、演目は『絵本太閤記 尼崎閑居の場』。




e0170863_22222257.jpg




演じているのは、なんと小学生!

小学校の授業だかクラブ活動だかで、練習をしているとアナウンスしていたような気がします。

歌舞伎・・・あの歌舞伎です。

言っている内容が、ほぼ 99% 分かりません。

明智光秀という名前しか、聞き取れません。

が、言葉の抑揚が哀愁を帯びた歌を聴いてるようで、心に響いてくる。






e0170863_22222656.jpg




子供歌舞伎、侮れません。

すっかり、この子たちのファンになってしまいましたが、

望遠レンズを持って行ってないため、これが最大の寄りです。



歌舞伎終了後、屋台の脇から覗いてみると

演目の終わった子供たちが、出てきました。





e0170863_22483236.jpg



指が、子供っぽいね。





e0170863_22494607.jpg



このお姐さんぶりは、小学生とは思えない。





e0170863_22484662.jpg


一人前の、役者のようです。



会津田島の祇園祭、初日の一コマでした。




e0170863_22573159.jpg




これからが本番のようですが、我々はこれまで。

by yagisan123 | 2018-07-29 23:05 | 祭り | Comments(4)

会津田島の祇園祭(22日例祭)③ 2018.7.22


さて、会津田島の祇園祭(22日の例祭のみです)。

神社でのお祓いの後は、町内のメインの通りでのオープニングセレモニー。

暑くなってきたので、日影で休んでいたらいつの間にか熟睡。

気付いたら、地元太鼓保存会の演奏が始まっていた。

小学生の後は、大人(高校生?)達の本格的な太鼓が。






e0170863_21494647.jpg





息の合った演奏に、引き込まれる。





e0170863_21495066.jpg




ナレーションがあり、

雪の降る会津の山に、”モノノケ”が現れる。

雪がザンザン、降り積もる。





e0170863_21511406.jpg





そして、春が来るイメージか(?)。

横笛を吹く彼女がなんとも凛々しい。






e0170863_22380670.jpg




娘たちは舞い踊る。



暑さも忘れて見入ってしまった。

不覚にも、涙がこぼれそうになった。





by yagisan123 | 2018-07-27 22:33 | 祭り | Comments(0)

会津田島の祇園祭(22日例祭)② 2018.7.22


会津田島の祇園祭。

メインの花嫁行列には行っておりません。

今回行ったのは、前日の”例祭”のみです(あしからず)。

23日(月)に行っていれば、こんな花嫁姿に会えはず・・・





e0170863_22432036.jpg



・・・って、去年のポスターです。

(祇園会館に歴代のポスターが飾ってあります)




さて、神社ではお祓いの後

巫女さん達の”浦安舞”が奉納されました。





e0170863_21461744.jpg



うう、ここで致命的なミスに気付く。

望遠レンズを持ってこなかった・・・

よって、これから来るシャッターチャンスには、全て最大限の寄りで対処するしかない。



奉納の舞が終わり、神社を出るといきなり幼稚園児たちの太鼓が!





e0170863_22431148.jpg




かなり本気印です。





e0170863_22431434.jpg





おお~、なんか良いものを見せてもらった。


つづく。

by yagisan123 | 2018-07-25 22:05 | 祭り | Comments(2)

会津田島の祇園祭(22日例祭)① 2018.7.22


友人Kに誘われて・・・

と言うよりは、友人Kに便乗して会津田島の祇園祭に行ってきた。

会津田島・・・南会津は遠い。

ここ田村市から車で、2時間半くらいかかる。

その上、会津田島の祇園祭のメインイベントとも言える花嫁行列は、

今日ではなく、23日(月)…明日なのである。

であるが、大昔(20代の頃)に一度行ったきりで、行ってみたくなった。



朝7時出発。高速を使って2時間ちょっとで到着。

本日(22日)は、前祭り的な”例祭”と言うのが行われる。

( 花嫁行列は、明日。平日なので行けません。)

内容は、10時からの氏子一同の神社でのお祓い。

11時45分からオープニングセレモニーから地元田島の太鼓保存会の演奏、

そして1時から子供歌舞伎の上演。






e0170863_22513772.jpg




さて、10時からは地元神社でのお祓い。

総勢50名ほどの氏子一同が、裃を付けてお祓いを受けていましたよ。






e0170863_22542990.jpg




なんだか時代掛かって、厳粛な感じ。




でも、見てる方は変化がないので、こんなの撮ったりしてました。





e0170863_22594022.jpg






舞うのにスタンバイしていた、巫女さん達。






e0170863_23022859.jpg


つづく。

by yagisan123 | 2018-07-22 23:11 | 祭り | Comments(2)

ネギやとい…なのだ。


さて、連休の三日間、畑仕事に勤しんでおりました。

土曜日の夕方から、日曜日の朝にかけてジャガイモ掘り。

去年より少なくなったので楽勝でしたね。

で、調子にのって予定になかった”ネギやとい”をやることにしました。

”ネギやとい”・・・ネギが四~五本ひと固まりになっているのを、ばらして一本づつ植え直す作業です。

これをやると、甘くて柔らかい美味しいネギになるそうな。

昨年、評判がよかったのでジャガイモを減らしてネギを増やしたようです。


月曜日、4時起床…は父・母で、ワタクシ5時起床で参戦。

クワで溝を掘って

数メートル離れた所に植えられたネギを引き抜いてバラシて運んで植えていく。

ネギももう、一本が親指ほどの大きさになっているので意外に大変。

始めは、抜いてバラシて運ぶ役をやっていたのだが、

その内、「クワで掘ってみろ」と言う事になって、

初めて扱う『クワ』。こんなモン、現代人の扱う道具じゃねえ!と思いつつも

大役を任されたので、恐る恐るやってみる。

掘るのはまあ出来るが、掘った土を落とすのがうまくできない。

試行錯誤しながらやっていると、今度は

「みっちりやんねど、だめだ」とのお言葉。

なんだ、”みっちり”って?

いや、”みっちり”の言葉の意味は分かる

中身が詰まっているとか、しっかりしているとかの意味だ。

この場合の”みっちり”は何を指すんだ?

う~ん、おそらく『しっかり掘れ』つまり『もっと深く掘れ』の意味か⁈

1メートル掘っては休み、1メートル掘っては休みで

8時前に朝食休憩。

雲が出てきて日差しも和らいできたので、10時から作業を再開して

昼過ぎに、やっと一仕事終わった。


オイラの連休も終わった。






e0170863_22091044.jpg




今日朝起きたら、腰が痛かった・・・

by yagisan123 | 2018-07-17 22:22 | 晴耕雨読への道 | Comments(2)

京都へ行く19(知恩院 2018.GW)


さて、暑い日が続きます。

この三連休は、どこへも行かずに畑仕事に勤しむことにしました(朝夕だけだけど)。

なので、ノンビリ過ごしています。



さてさて、忘れていた京都編。

一日目のメインデッシュは、知恩院でした。

壬生寺を見て、佰食屋で食事をして、向かった先は知恩院。

完全になめていましたね。八坂神社の奥の建物・・・というレベルの認識しかなかった。

行ってびっくり!見てびっくり!




日本最大級の三門!!





e0170863_15155842.jpg






南禅寺の三門で驚いていたのが、これはさらに上をいく大きさ。

こんな大きな門は見たことがない。しばし茫然。






e0170863_15164436.jpg






写真も、何の加工を加えたわけじゃないのに、どこか絵画的な風合いに見える。

石段のざらざらした感じのせいか?






e0170863_15165077.jpg




まあ、とにかくでかい!

改めて、京都の奥深さを感じました。





e0170863_15165452.jpg






まあでも、”山門”だとばかり思っていたのが”三門”だとは・・・

by yagisan123 | 2018-07-15 15:44 | 京都 | Comments(0)

ハマっています。


ちょっと、ハマっています。

他の人のブログで見つけて、聞き続けています。

『Uru』・・・ん⁈ ウルウルのウル?

カバー曲が100曲ほど、You Tubeにアップされているようです。

2年前にCDデビューしてるようですね。


この声は・・・

この声は、ド・ストライクです。

カバー曲も、元歌より良かも⁈…って歌もあります。

好きだなあ。


聴いていたら懐かしい曲が!











松山千春の『大空と大地の中で』をカバー!

懐かしいなあ!

声がきれいすぎるけどね。


♪ 野に育つ花ならば

  力の限り生きてやれ~♬


by yagisan123 | 2018-07-10 23:32 | ひとりごと | Comments(0)

やっぱり忙しい。


さて、

残念ながら仕事が忙しい状況が続きそうだ。

気を抜くと、つまらないミスをしたり風邪をひいたりする。

また月曜日から気を引き締めて。



サッカー、盛り上がったねえ。

にわかファンの私でも感動しました。













旅行も行ってないなあ・・・

by yagisan123 | 2018-07-08 22:47 | ひとりごと | Comments(0)

大世話人なのだ⁈


木曜日(6/28)のお昼に自宅から連絡があった。

「近所のSさんのおじいさんが亡くなった、今夜7時に隣組で打ち合わせがある」

続けて

「亡くなったのが組長さんの家なので、大世話人(=葬儀委員長)は副組長の我が家となる」


隣組、現在9軒ある。その中で持ち回りで組長・副組長を務めて行きますが

組の中で葬式があった場合、組長が大世話人として葬式を取り仕切ることになります。

で、組長の家で葬式があった場合は、スライドして副組長が大世話人となるのです。

副組長…つまりワタクシが大世話人として葬式を取り仕切る????

無理無理!絶対無理!!

葬式の”そ”の字も知らないワタクシが、葬式を取り仕切るなんて無理!

隣組の打ち合わせで、そう話したら

「今時の葬式は、業者がほとんどやってくれるので、葬儀委員長席に座ってるだけでいいんだよ」と。

「まあ、それならできなくもないけど」と了承しましたが…。

お通夜・告別式、最前列の一番良い場所に葬儀委員長席を設けられ、ひたすら孤独とプレッシャーと戦う。

火葬も、イマイチ感情移入できないものの、親戚の方々同様に目をウルウルさせたり。

そして、告別式終了後の三日七日法要後のふるまいの席では

ついにやってきました、葬儀委員長挨拶!

実際、何もしてないのです。何もしていないのですが無事葬儀が滞りなく終わった御礼の挨拶を

喪主に先駆けて、数十人のS家親戚・関係者の前で挨拶をしなければならない。

正直前の晩から、ビビッていました。

朝からトイレに2回駆け込み、胃薬のお世話になっていたのですが…。


え~

大丈夫です。挨拶の原稿を読むだけです。

大丈夫なはずですが、第一声はやっぱり声が裏返ってしまいました。

そして、葬儀及びふるまいの席は無事終了したのでした。

良かった~~。

96歳の大往生。もちろん涙がありましたが、穏やかな空気もありましたね。



当たり前の生活がかけがえのないものだと、ふと思ったりもしたのでした。






e0170863_22255313.jpg


by yagisan123 | 2018-07-01 22:33 | 行事 | Comments(0)